プロミス

プロミスの過払い金返還請求!取引履歴の開示方法

投稿日:2015年8月23日 更新日:

プロミスの過払い金返還請求!取引履歴の開示方法過払い金がプロミスで発生しているかもしれない!そんな時にまず、すべきことは、プロミスから取引履歴の照会をすることです。

要するにプロミスに「自分が借りたときからの履歴を一覧で出してもらう」のです。

取引履歴の開示請求をすれば、実際に戻ってくる過払い金の引き直し計算をすることができます。

取引履歴の開示請求をする時ですが、法的知識もない状態で請求できるのか疑問に思われる方も多いです。

今回は、プロミスに取引履歴の開示請求は可能なのかについて説明していきたいと思います。

プロミスに取引履歴の開示請求は可能

もしあなたが完済していたり、途中であったとしても、取引履歴の照会をプロミスにすることができます。

上限金利を超える貸し付けの事実が分かり、過払い金返還請求が可能だと把握できたのであれば今すぐに取引履歴の開示請求を行いましょう。

プロミスに対して取引履歴の開示請求をすることで、自分が借り入れをスタートした日から今までの取引履歴を一覧で開示してもらうことができます。

取引履歴を見れば、金融サービスの利用具合が分かりますので返済状況や滞納状況など、あらゆることを一覧で把握することができます。

これは主に契約内容や貸付金額、返済、日付などが、契約当初から、年表風に書かれている資料のこと。過払い金請求のための大事な資料になりますから覚えておきましょう。

あなたが実際、今までプロミスに対してどれくらい借りて、どのくらい返して、どれくらいの割合の金利を載せられているのか。一目瞭然な、強い味方のリストなのです。

取引履歴は個人的に請求することができる

プロミスの利用履歴が書かれた取引履歴は、個人で取り寄せることができます。

本気度をみせているのでしたら、司法書士や弁護士に依頼してもいいでしょう。

もちろん取引履歴を取り寄せるだけですので自分でも大丈夫。ただ、あまりプロミスと接したくないなと言う場合は委託しましょう。

いずれにしても、過払い金請求の場合に必要な書類ですから、取り寄せの準備をしておけば、すぐに過払い金返還できるというものです。

訴訟の際にも、この表は必要となります。

手続きの混雑状況によっては、それ以上に日付がかかることもありますので、できるだけ早めに申請しておきましょう。

取引履歴開示の際の電話での受け答えについて

実際にプロミスに対して取引履歴の開示請求をする場合、どのような質問が行われるのでしょうか。

まず、プロミスのホームページを確認してみましょう。

ホームページには、取引履歴の開示請求があった場合、要求通り開示すると記載されてあります。

そのため、開示しないというような事態は見受けられないことが分かります。

まずは、フリーダイヤルが記載されていますので、指定された電話番号に電話をかけてみましょう。

この時、逆質問されることがあり、返答に困ってしまう方がいるようですが、「取引履歴の開示要求を行いたいので対応してください。」としっかり伝えましょう。

なぜ電話をかけているのかという事を思い出し、その目的を正しく伝えることが大切です。

プロミスによる電話の確認

プロミスのフリーダイヤルに電話をかけたら、相手のスタッフの方から簡単な本人確認が行われます。

本人確認では、名前や生年月日、住所などが質問されますので、正しく情報を伝えましょう。

その後、取引履歴の受け取り方法の確認が始まります。

指定された店舗に直接受け取ることもできますし、自宅に直接送付してもらうこともできます。

この点に関しては、自分の状況に合わせて選ぶことで、問題なく取引履歴を受け取ることができます。

プロミスの提案には簡単にのってはいけない

プロミスも取引履歴の開示請求があった時点で、過払い金返還請求が行われることを事前に察知します。

その結果、事を大きくしないため和解の提案をしてきます。

「もし今の要求に応じていただけるのであれば、借金の金額をゼロにすることができます。」

などと、話を進めていきますので、

「少し考えさせてください。」

と答えておきましょう。このような提案がある時点で、大きく過払い金返還請求が可能な可能性が高いので、自宅の近くの法律事務所に相談し、引き直し計算をしてもらってください。

自分で計算することもできるのですが、取引履歴が長期化すると引き直し計算も非常に大変です。

また、法的知識がない状態だとどのように引き直し計算をして良いかも分からないと思います。

計算の仕方を誤り、本来請求できる金額よりも低い数字を算出しても困りますので専門家にしっかりと計算を依頼しましょう。

プロミスの過払い金返還請求のまとめ

上記のように、プロミスに対して取引履歴の開示要求を行い、弁護士などの専門家に複雑な手続きを依頼することで全ての問題の解決が可能です。

プロミスは、取引履歴の開示請求を行ったとしても、なかなか提示しないということもありませんので1日でも早く請求し、過払い金を取り戻しましょう。

もし弁護士をお探しであれば、下記で優秀な弁護士を紹介しておりますので、今一度利用してみてはどうでしょうか。

過払い金返還請求の対応にも慣れていますので、お客様も安心してご依頼いただけるでしょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-プロミス
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.