プロミス

グレーゾーン金利撤廃後のプロミスの対応を知ろう

投稿日:

プロミスのグレーゾーン金利返還対応は

プロミスのグレーゾーン金利とはなに?

グレーゾーン金利とは、
「利息制限法」により上限が定められているにも関わらず、
その上限を超える利息分のことをいいます。

つまり、ここまでの金利しか貸し付けちゃだめだよ、と、
法律で決まっているのに、それ以上の上限を超えた金利で貸し付けていたら、
法律違反です!ということです。そのいけない利息のことを指します。

その利息については払い過ぎとして、過払い金の対象となり、
大手の旧武富士などはその、過払い金の返還が膨らんで、
経営破たんしてしまったのです。

高すぎる金利で貸して、儲けていたのでそのつけが回ってきて、
とり過ぎた分を全部返せないよ!ということで破たんしたのです。

10~100万未満の貸し付けに対しては金利18パーセント以下に設定する、
ということが法律で決められています。

長年、プロミスに払ってきた人や完済している人はこの、
グレーゾーン金利に引っかかっている可能性が高く、
過払い金が100万以上、返還されることもあるのです。
特にグレーゾーン金利近辺に借りていた人は計算し直しましょう!

金融庁によれば、過払い金の請求は正当な権利であり、
ブラックリストやチェックの対象になることはありません。
払いすぎた金利をプロミスに請求しても、大丈夫なんです。

また旧武富士の場合も、経営破たんしていますが、
現在の引継ぎ会社がありますので、借金を減らす引き直しを、
することができます。また一定の範囲のパーセンテージで、
金利返還される場合もあります。

この場合、状況から専門家が履歴を追って、
最善な方法を教えてくれるので、丸投げしたほうが、
絶対的にスムーズに進むことでしょう。

諦めないでくださいね。

払いすぎた金利を取り戻す手続きを

払いすぎた金利を取り戻す手続きを、過払い金返還請求手続きと、
いいます。

プロミスについては大手なこともあり、かつ、
経営上も問題が無いので、比較的柔軟に
過払い金の返還手続きに応じてくれているようです。

以前はグレーゾーン金利で貸し付けをしていたプロミスですので、
古いモノに対しては過払い金が発生している可能性はあります。

ただし、契約の時期によっては、グレーゾーンでない場合もあるので、
過払いが発生しているかどうかは
引き直し計算をしなければ正確にはわからないのです。

計算し直さないと、わかりませんからね。

そのためには自分で計算をするよりも、間違った引き直しにならないよう、
初めからプロに頼むのが良いでしょう。

一度でも法定金利以外(ようするに多く金利を払いすぎ!)
の利息を払っていたら過払い金が発生している確率があります。

また以前のプロミスを完済している場合にも、
過払い金が発生している可能性があります。この場合も、
過払い金が戻ります。

法改正による2010年6月17日に施行されたグレーゾーン金利の、
撤廃のあたりを境に借りていた人、一度チェックが必要です!

過払いが発生しているかもしれません。
当時のグレーゾーン金利は29.2パーセントも取っていたのですから、
返せなかった人が続出したのもうなづけますね。

返しちゃったけど、払いすぎ分金利返して!というのもありなのです。

それを借りているお金に応じて新しく設定された金利に、
引き直して、払い過ぎている分は返してもらうのが基本の、
ルールとなったのですから、計算し直してみましょう!

大手の消費者金融は、このために大手金融グループの傘下となり、
個人向けローンの部分を担うようになったのです。
でないと過払い金がグレーゾーン金利の撤廃でジャンジャン請求されて、
武富士みたいにつぶれちゃいます。金融グループとくっついたのは、
その資金を確保するためでもあったんですね。

プロミスで自分が払いすぎているかどうか不明な人は、グレーゾーン金利の
引き直し計算をしてみましょう。よくわかんない!って言う人は、
一度専門家にチェックしてもらいましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-プロミス
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.