レイク

レイクで延滞しそう・・・事前に連絡したほうがいい?

投稿日:2015年8月24日 更新日:

レイクで延滞しそう・・・事前に連絡したほうがいい?レイクは新生銀行系の消費者金融です。バックはしっかりとした銀行があります。

しかし、消費者金融である以上、使い方を間違えると借金を抱えてしまうことになります。

利用者のほとんどの方は、自分が滞納するはずはないと考え、借り入れを行うのですが、返済計画がないため大きな問題に発展してしまいます。

今回は、レイク利用者の方に向けて滞納しそうになった場合の対処方法や発生する問題点などを考えていきたいと思います。

レイクの担当者の方に相談をする

もし、借り入れたお金を返済できず、滞納してしまう可能性があるというのであれば、レイクの担当者の方に相談することから始めてください。

レイクの相談窓口に電話をすれば、滞納問題について相談にのってもらうことができます。

相談をするという行動が支払いの意思を示すことにもつながりますので、自分から何も相談しないということだけはないようにしてください。

遅延の連絡は電話でしたほうが良い?

ホームページには、ご親切?に「遅延しそうなときには、カスタマーサポートに連絡、相談下さい」と書いてあるんですね~。

遅れる前提ではないのですけど(笑)、該当しそうなときは、一言連絡をしてみたほうが良いでしょう。

またレイクには返済予定日の変更を、自動で入れられるシステムがあり、電話で登録もできます。

返済日を含めた8日前から延滞日数が10日以内の期間であれば、自動音声の「返済の約束」メニューから、当日含む4営業日以内の期間で返済予定日の登録ができるというものです。

意外と返済日の変更(延滞)については寛大と言えます。自分で好きな時間に出来ると言う点では便利ですね!

レイクに何を相談するのか

まず、返済が間に合わないというのであれば、いつまでに返済可能なのか相談しましょう。

いつまでに支払うと具体的に日付を提示して約束することで、相手も交渉に応じてくれるでしょう。

少なくとも、知らない間に督促が来るということはないでしょう。そのためにも、電話で相談する前にいつまでに支払えるのか、日付を明確化しておいてください。

レイクと返済額を交渉してみる

返済日に対して全額の返済が厳しいのであれば、今月の返済額について交渉してみましょう。

この交渉に対して必ず応じてくれるというわけではありませんが、多少の減額に応じてくれる可能性があります。

しっかりと利息分については支払う意思を示さないと、支払う気がないと思われてしまうためお金を準備してください。

このときに、翌月の返済も厳しいと感じるのであれば、今月のうちに相談しておきましょう。今の段階で交渉しておくことで、来月の返済日や返済額を変更してもらえるかもしれません。

もし、現時点で大きな金額を滞納しているというのであれば、どれだけ電話交渉が上手くいったとしても遅延損害金が発生し続けていますので少しでも返済することを心がけてください。

口約束だけで返済せずに放置していると、信用情報機関にすべて記録されてしまい、今後の金融サービスの利用が難しくなってしまいます。

他の金融サービスを利用して返済してはいけない

このような状況になったとき、利息分だけでも支払う必要があるという理由から他の金融機関を利用して借金を重ねてしまう方がいます。

借金に借金を重ねる人のことを「多重債務者」と呼ぶのですが、この状態になってしまうと自力での解決は難しくなってしまいます。

インターネットなどでは、「○○の金融機関で借り入れができないなら別の金融機関で借り入れて返済しましょう。」と紹介しているサイトもありますが信用してはいけません。

大抵そのようなサイトには、広告リンクを貼り付けています。

つまり、紹介者に報酬が入るようになっているからこそ、そのような説明を行っています。

現状の借金を返済できない状況であるにも関わらず、他の金融機関でお金を借り入れたとしても問題の解決に近づくことはありませんので、正しい手段を自分で選んで行きましょう。

レイクの借金問題を弁護士と一緒に解決する

自分で返済することが厳しいと感じるのであれば、法律事務所に在籍する弁護士に、借金問題の解決を依頼してみましょう。

弁護士に借金問題を解決してもらうことを、「債務整理」と呼ぶのですが、返済額が非常に大きくなってしまい、自分で解決できない場合に非常に有効な方法となっています。

レイクでの借り入れ金額が少額で、少しの援助があれば問題を解決できるという場合は任意整理で解決できる可能性が高いです。

もし、非常に借金が大きくなってしまい、対処することが難しいという場合は、自己破産になる可能性が高いです。

その場合は、借金が免除されるべき正当な理由が必要となり、信用情報機関にすべて記録されてしまうことを理解しておきましょう。

弁護士への相談は無料?有料?

弁護士に相談するとなると、相談した時点で料金が発生するように思われます。

しかしながら、このような金融業界では、相談は無料となっていることが多いため、弁護士を選んでいただきたいと思います。

相談自体を有料にしている弁護士もいますし、初回相談を無料としているところもあります。

相談無料の弁護士の方が、仕事を依頼しても大丈夫かどうか判断することもできますので、依頼先の選定基準としても良いでしょう。

レイクでの延滞の対処法のまとめ

延滞しそうだと感じた時点でレイクに電話で連絡をしておきましょう。その際、約束事として下記のルールを決めます。

  1. 返済予定日
  2. 返済額(減額可能なら交渉する)

例え返済できないからといって他の金融機関を利用し、多重債務者になってはいけません。本当に返済できない場合は、弁護士に相談し債務整理を進めていきましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-レイク
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.