レイク

なぜレイクで借りれない?審査落ちする人の特徴

投稿日:2015年8月23日 更新日:

なぜレイクで借りれない?審査落ちする人の特徴過去、消費者金融としての過去を持つレイクですが、現在は新生銀行レイクとして運営されています。

インターネットなどで、審査情報に関して調べていると

就職しているにも関わらず、なかなか審査に通ることができない

という声が見受けられます。

このような状況から考えれば、審査状況は厳しいと思われるかもしれませんが、審査に落ちてしまうということ事実自体に原因があります。

今回は、その原因について明確化していきたいと思います。

フリーターで借りれても正社員で借りれないレイク

審査が厳しいという見解もあるようですが、借りている人たちも実はひとくくりに言えないのが実情です。

たとえば正社員であっても、過去に延滞の履歴があったりすれば審査は厳しくなります。フリーターであっても返済がクリーンであれば借りやすくなります。そういう意味では平等です(笑)。

またレイクで借りれない場合は、同等の他の大手の消費者金融でも、同じ結果になることが予想されます。

過去の滞納履歴が審査落ちの原因となっている

レイクで借り入れを行う場合、例え就職していたとしても、それが絶対的な審査通過の要因となることはありません。

なぜなら、総合的な視点で個人を判断しているからです。

例えば、膨大な借金を抱える正社員よりも、絶対に滞納することのないアルバイトの方が信用的には良いということです。

審査落ちになってしまう大きな要因として、過去の滞納履歴が考えられます。

あなたは、金融機関から借り入れを行い、借金をしてしまった経験はあるでしょうか?

もし借金をしてしまった経験があるのなら、信用情報機関と呼ばれる場所に全て記録されているため、その記録が参照されてしまい審査に通らないということです。

すでに借金問題は解決しているのであれば、記録内容が消えるまで待つ必要がありますが、現状で借金を抱えているのであれば、今すぐにでも解決していきましょう。

安定した収入を得ることができていない

現在、あなたはどのような雇用形態で働いているでしょうか?

どの金融機関を利用しても言えることですが、極力正社員などの安定した雇用形態で働いた方が審査に通りやすいといえます。

安定した雇用形態の人は、収入状態も安定していると判断されるため、滞納しづらいと思われるのです。

もし、現在アルバイトをしていて、正社員になれる可能性があるのなら、ぜひ正社員にしてもらいましょう。

そちらの方が、金融機関の審査にも通りやすくなります。結果的に収入も安定するため、借り入れたお金を滞納する可能性も非常に低くなります。

転職を繰り返してしまっている

あなたは、どのような職業経歴をお持ちでしょうか?もしかして、転職ばかり繰り返していないでしょうか。

例えば、自分に仕事が合わないからという理由で、転職ばかり繰り返していると金融機関の審査に通らない可能性ができます。

すぐに仕事を辞めてしまうということは、借り入れを認めたとしてもお金が戻ってこない可能性があるため、簡単に申込みを承諾することができません。

もし、職業経歴が1年未満だという場合、1年が経過するまでは待ったほうが良いでしょう。

この職業経歴は長ければ長いほど評価されますので、安易に仕事を辞めてしまうということがないようにしましょう。

申込みブラックに該当してしまっている

レイクでブラックだったら、またレイクで借りることはできないの?という質問を受けることもあります。

基本的に、ブラックであれば履歴が5~10年は残りますので、たとえ途中で返済してもブラック履歴が消えることはありません。

レイクなどの金融機関では、申込みブラックに該当する人に対して借り入れを認めていません。

そもそも、業界用語として利用される申込みブラックとは何か明確化したいと思います。

あなたは、6ヵ月間という期間の中で3社以上の金融機関に審査申込みを行っていないでしょうか?

もし3社以上に、審査を出してしまったというのであれば、申込みブラックに該当している可能性が非常に高いです。

しかしながら多くの人が、なぜ申込みブラックに該当していると分かるのか不思議に思うでしょう。それは信用情報機関の記録を確認すると、何度申込みを行ったのかということも明確に記録されているのです。

そのため、個人情報を照会すると、申込み回数が把握されてしまい、お金に困っていることが知られてしまうのです。

金融機関としては、お金の借り入れを認めて大きな問題に発展しては困るため、審査を通さないということです。

一定の期間はレイクのカードをつくることができずに、借り入れもできなくなります。レイクに限らず同じ事が他の消費者金融でも言えます。

レイクの仮審査に通っても本審査で落ちる

レイクでも仮審査が行われる時もあり、仮に仮審査に合格しても契約の段階で本審査に落ちる場合も、実は・・・・あります。

契約の際に様々な提出書類も必要になるので、事前にきちんとチェックをしましょう。

そしてどうしても審査が通りにくい等の予感がする場合、今までの借り入れ履歴等のチェックをしておく必要があります。

借りやすくなる条件はいくつかあり、安定した収入が見込めること、今までの債務事故履歴がないこと。

自分の歴史が怪しい人は、事前に調べておきましょう。

滞納問題を解決したいなら債務整理を利用する

また既にヤバそうな人、返せなさそうな人、催促されている人。そんな人は弁護士や司法書士が債務整理である任意整理等を受任すること。

なぜかと言うと、スムーズに債務整理できるからです。もうひとつメリットと言うか、これらの特徴があります。

それは、今まで受けていた督促や取り立てが100パーセント止まります。

任意整理とは借金を減らし、無利息で返済、すなわち、司法書士または弁護士を代理人に立ててレイクと交渉し、過払い金の引き直しをしたり、借金を減らして債務者を支援するものの、ひとつなのです。

いいかえると、あなたの借金問題を解決する請負人です。

しかし任意整理をするとブラックリストに掲載されますので、当面は新たな債務を負うことができません。

これも実は、審査が通らなくなる理由の一つになります。

また、順調に返済していたのに突然借りれなくなったということも耳にします。

他のカード会社と併用して多重債務になっていたり、いつの間にか枠を増やして、増資をしていたりすると、金利だけが膨らんで返済だけしかできないカード(要するに借りれないけど金利プラスのお金だけを毎月返済することに)に早変わりしていることもあります。

気をつけて履歴を見ながら計画的に借りることです。

任意整理は金利を省いて借金を減らすというものですから、レイク側にとっては仕方ないけれど、金利以外のものはちゃんと払ってもらうと言う形になってしまうのです。ご注意下さいね。

また返済計画に基づいて支払いの返済をしていきますので、この場合は専門家に確実に様々な手続きを任せて対応してもらってください。

これが出来ていないとレイクも借りれない!と言う結果になっちゃうわけです。

多くの場合、任意整理と呼ばれる方法で借金を解決していくのですが、現在抱える借金の状況と相談しながら、どのような方法が1番良いのか弁護士と一緒に決めていきましょう。

レイクの審査に通らない人の特徴のまとめ

レイクの審査が通過できないという場合、下記のことが考えられます。

  • 過去の滞納履歴が原因となっている
  • 安定した収入を得ることができていない
  • 転職を繰り返してしまっている
  • 申込みブラックに該当してしまっている

現状の借金問題については債務整理を利用すれば解決できますので、まずお近くの弁護士に相談してみましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-レイク
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.