レイク

レイクの返済取り立ては用心しないとヤバい?!

投稿日:2015年8月23日 更新日:

レイクの返済取り立ては用心しないとヤバい?!レイクの滞納による返済取り立てはどのようになっているのか、経験した方に聞いてみました。

やっぱり経験者の人の話って、リアルに役立つんですよね!

一昔前でいえば、電話や脅しがガンガンきたりするドラマのイメージを思い浮かべます。

ガラの悪い兄さんたちが、「金、返さんかい、ワレ。」の世界です。(古)

確かに利息制限法の金利を守らずに高額なパーセンテージで、貸し出していた時にレイクは強引な取り立てで、行政処分を受けたこともあるとニュースで観たことがあります。

これは借りた人の会社にガンガン電話をかけたりして、攻めまくったことによるもののようです。

やっちゃいけないことの一つに今は入ってますね、脅しってやつです。

このような経験から、消費者金融のとり立てが怖い会社、というイメージを持っている方も居ると思います。

正直、多少ではこのように、激しい取り立てにはなりません。

しかし、ブチ切れるときがいつか来ます。何カ月も、また何年も送れるようなことが続くと、頻繁に電話がかかる、ということはあるようです。

もちろん借りたものは返さないといけませんから、ブチ切れの返済取り立てにならないように準備することが大切です。

今回は、取り立ての段階に入るまで滞納しているとどのような問題が発生するのでしょうか。問題点を紹介したいと思います。

滞納問題が大きくなってしまう原因とは?

多くの人が消費者金融で借り入れを行っていますが、なぜ滞納問題が大きくなってしまうのでしょうか。

1つの要因として考えられるのは、年20%の遅延損害金の存在が考えられます。

1度滞納してしまうと、金融機関から遅延損害金と呼ばれる損害賠償金を請求されてしまいます。

一般的に遅延損害金は、延滞利息とも呼ばれており、レイクの場合、決められた期日までに支払いが行えなかった場合、20%を違約金として支払うことになってしまいます。

借り入れたお金を返済せずに滞納していると返済額が増えるため遅延損害金も毎月増えてしまうことになります。

つまり、滞納してしまうことで、毎月の返済と遅延損害金の両方の支払いを行う必要があるということです。

督促の電話が自宅にかかってくる

レイクの場合、借り入れたお金を返済せず放置していると、自宅に督促の電話がかかってきます。

レイクとしても返済してもらわなければ仕事が成り立ちませんので、相談することを目的として連絡しています。

このような電話がかかっていることを知りながら無視していると督促状が送付されてしまう可能性があります。

こうなると自宅に督促状が送付されてしまうため、家族に借金の存在を知られてしまう可能性があります。

郵便受けの中を見るのは自分だけではありませんので、先に家族が督促状を見つけると間違いなくバレてしまうでしょう。

督促の電話を職場にもかけてくる

レイクから督促の電話がかかっていることを知りながら、音信不通の状態にしていると職場に電話がかかってきます。

お金を借り入れている人にとって、職場に電話をかけられるというのが1番困ることでしょう。

「あの人サラ金から電話あったわよ!」

となったら大変です。会社の外線は女の子の社員が取ることが多いですしね!

それだけはっきりしているということなのでしょうが、まずは自宅や会社に電話しないように頼んでおくのも手です。(最も自分の立場上、延滞していても電話するなとは言えませんよね)

レイクの電話担当者の方も周囲の人にばれないように配慮してくれるかもしれませんが、督促の電話かかってきてしまった場合、通常の対応と異なってしまうため、周囲の人に何かあると思われてしまうでしょう。

職場のメンバーに、借金問題を抱えていることを知られてしまうと仕事がしづらくなってしまうため、電話がかかってきた時点で話し合いを進めてください。

会社や自宅に来ることはないの?

消費者金融などを利用し、滞納していると自宅に借金の取り立てが来るイメージがあるかもしれません。

基本的にレイクは、自宅に来ることはありませんので安心してください。

しかしながら、債権回収業者が自宅に来る可能性も少なからずありますので、そのような問題に発展させたくないというのであれば借金問題を解決する努力を行いましょう。

レイクで借金を滞納し続けるとどうなるの?

もし、レイクを利用して3ヵ月以上、借金問題を放置してしまった場合、信用情報にすべて記録が行われます。

この記録が残ると、様々な金融機関の人が信用情報機関という場所であなたを照会することで、滞納している事実を知ってしまうことになります。

信用情報機関とは、個人の取引記録などを明確に残しているところで、借金問題を抱える人などを明確に記録しています。

こうなってしまうと、金融サービスを利用したいと思っても審査に通ることができなくなってしまいます。

カードが利用停止になってしまう

取り立てが発生するほど、借金問題を抱えているというのであれば、将来的にカードが利用停止になってしまう可能性があります。

こうなると、今までカードで支払っていたものが、決済できなくなってしまいます。

カードが利用できなくなると、毎月の支払いの関係で銀行などに直接出向いて対応する必要が出てきます。

しっかりお金を返済しない限り、再度カードが利用できることはありませんので、これよりも前の時点で対処法を考えておいた方が良いでしょう。

債務整理は取り立てが起きる前に進めよう

それから数日の遅延はいいが、何カ月も放置しないことです。

幸いなことに今は、大手の銀行系等の消費者金融会社であれば、荒っぽい取り立てはほとんどありません。

但し電話がかかってくることは否めませんので、遅れた理由をキチンと話すか、いつごろなら払えるか等、見込みと計画を伝えられるようにしておくことです。

近年は厳しい取り立てを禁止としている法律もあります。

ひと時バブルで、大勢の人が高金利を返せなくなり、倒産や自殺に追い込まれたニュースはご存知でしょうか。そういう人たちの中で生かされれいるのが私たちです。

そしてどうしても払えないしめどもたたないと言う時には、専門家に相談して解決してもらいましょう!

そして、レイクの返済取り立てが「まとも」なうちに、専門家に業務委託をしてもらって解決したほうがおトクです。

時間もかからないのですから、あなたにとってメリットがあります。トライしてみましょう。そのあとは自分でコントロール出来る範囲で借りるほうが良いです。

レイクの返済の取り立てのまとめ

レイクで滞納してしまうと下記のことが考えられます。

  1. 自宅に督促の電話がかかる
  2. 職場に督促の電話がかかる
  3. 自宅に督促状を送付される

上記のような状態になっているにも関わらず、返済せずに放置していると裁判を起こされてしまう可能性もあるため、すぐに債務整理を進めて借金問題を解決していきましょう。

少しでも早い段階で対処しておくことで、信用情報機関への記録を防ぐことができます。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-レイク
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.