借金整理・取り立て

借金の債務整理、任意整理ってなんのこと?どうなるの?

投稿日:

借金の債務整理とはどんなことをするの?

債務整理すると借金はどうなる?

今や弁護士や司法書士事務所はサービスの時代。
ほとんどのところが債務整理の無料相談を対応しているはずです。

債務整理という言葉が出てきたらどうでしょう。

「債務整理って何?」

というあなたのために、ここでご説明しますね。

債務整理は法の力であなたの借金を整理することです。
(まんまですね(笑))

基本的に、任意整理は裁判所を用いない整理と思ってください。

逆に裁判所を利用して行うものは、自己破産、特定調停、
個人再生などになります。

任意整理は、まず専門家に相談しなくてはなりません。
そのうえで、借金を持っている人が専門家に、
「借りた相手に話し合いによって返済方法を、
どーにかまけてもらえないかな?」的に、返済可能な、
形にまでもっていってもらって、交渉することをいいます。

借金を払わなくて良いわけではないので注意してくださいね。

個人で行うこともできるのですが、やはり借りている人が、
貸しているところに直接、「金利、借金減らしてもらえないですか?」
というのは非現実的ですから、専門家にやってもらうのが、
一般的です。

任意整理の流れってどんな感じなの?

専門家に依頼するのは、まずご理解いただけましたね。
続いてどんな感じの中身になるの?ということですが、
基本的に3年位の間に返済計画を立てます。
このラインに消費者金融が同意することが多いのです。

しかしこの期間は複数債権者にわたっていたり、内容により、
若干異なります。要するに多くの消費者金融に借りていたら、
それだけ時間がかかるというわけですね。

任意整理は、貸したお金を要するにコンパクト化して、
返す額を小さくするということですから、貸したほうからすれば、
回収できなかったということになるわけです。

ただし法的な拘束力がないので、和解にならないこともあります。

となると、当然のことながら何らかのペナルティは、
整理をした側にかかってきます。

どんなペナルティが付いてくるかというと、
数年間(5年くらい)は、新しい借り入れができなくなります。

カードも作れません。これは審査でNGになるってことです。
なぜなら債務、任意整理をすると信用情報機関の情報に掲載されて、
しまうからです。

新しくローンを組んだり、キャッシングしたりすることが、
出来なくなります。

一定期間の5年~を過ぎれば、また新たに組むことができるように、
なりますが、これも順調に計画に沿った(コンパクト化した、
債務返済のことです)返済をしていれば、の話です。

債務整理は、必ず払える計画、実施にしないといけませんので、
慎重に専門家と相談することをおすすめします!

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金整理・取り立て
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.