【借金の裁判】呼び出しから和解までのポイントを解説

更新日:

【借金の裁判】呼び出しから和解までのポイントを解説ある日突然、簡易裁判所から通知!

「み、見たことないよ、こんな手紙」

焦って、そのまま捨てちゃったりしないでください。

あなたが貸したお金を返さずに遅延しているからということで、裁判所に訴えを起こしたと思われます。

やばい!と思っても慌てずに。

本来であれば、もしあなたが返せる目途があれば「ちゃんと返済します」といえば良いのですが、その返済日に遅れてしまったり、払えないと大変です。

もし、金融機関からお金を借り入れたにも関わらず、返済できなかったというのであれば、将来、裁判になってしまう可能性があります。

今回は、裁判になるまでの呼び出しから和解までのポイントを解説していきたいと思います。

借金問題における裁判の有無

借金問題では、裁判にならないと思っている方もたくさんいるでしょう。

もし、返済期日までに借金を返済できなければ、裁判になる可能性は非常に高いです。

人によっては、時効によって返済しなくても良い時期を待つかもしれません。

まず、時効になる前に裁判になる可能性が高いので、その点についてしっかりと覚えておく必要があるでしょう 。

つまり、借金を滞納している以上、絶対に返済する必要があるということです。

すぐに裁判になる金融機関もある

例えば、金融機関の利用者が、借金を返済せず滞納してしまったとするでしょう。

この時点で、債務者に電話による督促通知が行われることになります。

督促通知の電話は、このような感じです。

「すいません。○○金融機関の者ですが、返済が滞っております。○○日までに、支払っていただけますか?」

このような電話は、しっかりと対応し約束通り返済すれば問題ありません。

しかし、返済すると約束したにもかかわらず、返済しなかった場合、訴状が自宅に送付されます。

つまり、支払う意思がないのであれば裁判になることを伝える通知です。

裁判にする場合、法律事務所に相談

もし、裁判になったのであれば、今すぐに法律事務所に相談してください。

返せる目途をきちんと把握してから回答すべきですが、もしかして「返せないかも」のような状態であれば専門家に依頼して、訴訟の手続きの和解交渉を行ってもらうべきでしょう。

もちろん解決した際にお金はかかりますが、裁判で相手の言うとおりになるよりはいいはずです。

それにあちらもあなたが専門家を雇ったということで、きちんと対処するつもりだなということがわかると思いますし、解決に向けてお互いの話し合いをすることも出来ると思います。

裁判でサポートしてくれるのは、司法書士ではなく、弁護士です。弁護士でなければ、債務者本人の裁判の代行を行うことができません。

もし、裁判を実施することになった場合でも、弁護士がいれば、代理で交渉してくれますので、借金問題を解決できる弁護士を探してください。

裁判にしないことを考える

借金問題で裁判になった場合、裁判にしない方法を考えてください。

なぜなら、債務者が絶対的に悪いからです。

闇金業者は裁判にしません。

裁判にしてしまうと、違法金利や違法な運営が知られてしまうからです。

裁判を起こせる業者というのは、法律に準じた運営をしているということです。

裁判を起こされてしまったら、間違いなく負けてしまいます。

しかしながら、裁判にしないようにするためには、どのように交渉していけば良いのでしょうか。

弁護士を通して交渉してみる

訴状が送られてきて、このままでは裁判になってしまうと思うのであれば、弁護士を利用して相手の金融機関と交渉してみましょう。

裁判起こされている以上、裁判所に出廷する必要がありますが、交渉の仕方次第では、返済額を最小限に抑えることができます。

相手の金融機関としては、支払いを継続してもらうために訴訟を起こしていますので、それに応じるような答えを提示すれば良いのです。

例えば、「これからは5万円ずつ支払い10ヶ月で50万円の支払いを行います。裁判を取り下げてもらうことはできないでしょうか?」と、交渉してみましょう。

このように返済する意思をしっかりと伝えれば、裁判になったとしても問題を最小限に抑えることが可能です。

裁判になってしまったら弁護士に任せる

借金問題による裁判が始まる場合、法律事務所に在籍する弁護士を雇うことが基本となります。

そして、裁判をサポートしてくれる弁護士が見つかったのであれば、どのようなことを話せば良いか、事前に話し合いを行っておきましょう。

これから始まる裁判の目的や方向性などを明確にしておくことで、裁判中に発言してはいけないことなどを知ることができます。

そのため、実際の裁判が始まった場合は、弁護士が言った通りに行動してください。

自分の考えで行動してしまうと、誤った行動をしてしまう可能性があります。

借金問題の裁判に慣れた弁護士を見つけ出すことで、迅速な対応が可能となります。

もしあなたが、専門家に代理人として委託をすれば、裁判所への出廷も全部弁護士(あるいは金額によっては認定司法書士)が代行してくれますので、会社を休んで裁判所に出向いたり、書類を頭を悩ませて作ったりする必要はありません。

もちろん、あなたのことを事細かに、代理人である弁護士や司法書士に話す必要は出てきますが、基本的には任せてOKなので、気持ち的には楽なはずです。

また物理的にも生活に支障をきたさずに、裁判に対応できます。

あなたが代理人を立てた時点で、その他の連絡はすべて、代理人経由であなたに知らせられることになりますので、郵便物があなたの自宅あてに届いたり、督促が着たりすることもありません。

その点でも安心できますので、裁判になった場合は、専門家に依頼する様にしてください。

放置したり、焦ってバタバタすることが無いようにしたいものです。

裁判になった場合の対処方法のまとめ

もし、借金問題で滞納してしまった場合、裁判になりそうだと感じたのであれば、事前に債務整理をしっかりと利用しましょう。

任意整理であれば、裁判を利用することなく借金問題を解決することができます。

信用情報機関に記録されてしまいますが、借金問題の解決を方法として非常に有効ですので、法律事務所に相談していただきたいと思います。

そして、借金問題で裁判になってしまった場合、弁護士を雇うことから始めましょう。

専門家はこのような対処に、慣れています。

何度も同じような裁判を経験している専門家に依頼するとより安心ですよね。

裁判のサポートをしてくれる弁護士が見つかったら、裁判の目的や方向性を明確にするために、しっかりと話し合います。

裁判になっている以上、問題を最小限に抑える必要があるため、弁護士を通して、返済額を減らせないか交渉してみましょう。

毎月の返済額を具体的に提示することで、裁判を取り下げてもらえる可能性がありますよ。

当サイトで一番相談されている法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

樋口総合法律事務所
弁護士法人サンク総合法律事務所の特徴

東京都中央区にある弁護士事務所。債務整理ではたくさんの実績を持ち、さまざまなケースに対応できる実力派。電話相談の親切さに定評があり、依頼後のアフターフォローも良好だと評判のいい事務所です。全国から相談を受け付けています。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
任意整理着手金 49,800
任意整理基本報酬 19,800
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 別途相談
自己破産 別途相談

コメント弁護士法人サンク総合法律事務所の総評

  • 債務整理で月600件もの相談実績がある専門家
  • 自己破産など深刻な場合の手続きにも精通
  • 無料相談があり、費用の後払いなどにも対応

名村法律事務所

名村法律事務所
名村法律事務所の特徴

東京・錦糸町駅近くの弁護士事務所・名村法律事務所。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 平日10時~18時
任意整理着手金 20,000
任意整理基本報酬 20,000
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 300,000
自己破産 200,000

コメント名村法律事務所の総評

  • 自己破産・個人再生が得意
  • 事務員と弁護士がベテラン
  • 錦糸町の駅から近い

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所の特徴

闇金問題解決専門のウイズユー司法書士事務所です。違法業者整理違法業者の貸付金については利息はもちろん元金の返済も必要なく1社5万円~となっています。

種別 司法書士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
闇金業者整理 闇金業者1社5万円~(税別)
過払金返還請求 1社1万円~+回収金額の20%
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 30万~40万
自己破産 25万円+予納金・印紙代別途

コメントウイズユー司法書士事務所の総評

  • 経験豊富な司法書士の闇金問題専用の事務所
  • 電話をしたその場で、解決方法と対策を提案してくれる
  • 依頼した事がヤミ金業者にバレても守ってくれる

-借金整理・取り立て
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2018 All Rights Reserved.