借金整理・取り立て

借金催促の時効とは?借金の対応方法マニュアル

投稿日:

借金催促の時効があるの?に答えます

わかっていると100%使える借金時効

支払いが遅れてしまい、借金の催促にちょっと悩んでいる。

こんな時、どうしたらいいかわからないと思ってしまいますね。
実は借金の催促を逃れられる時効が存在します。

借金の時効期間を満たしており、またあなたがその権利を、
借りた金融機関に「借金は時効が成立しているので支払義務が、
消滅しています。」と内容証明等で主張して初めて成立します。

法人や消費者金融などから借りている場合は、時効は5年です。
個人の貸し借りであれば10年になります。
注意してくださいね。

しかし、あなたは借りている側なので時効がうれしいかもしれませんが、
貸した側からすれば「そんなことさせたくない」
と思うのが普通です。

いわゆる時効を味方にした踏み倒しです。

そこで相手も対策を練ってくる場合が考えられます。
どうするかというと中断するのです。

これを【時効の中断】といいます。

この中断をするために、
事由に該当する行為を実行するというわけです。

いったいどんな行為をするのでしょうか。

催促の時効を成立させるための注意点

貸したほうは、中断のために次のような行為を行います。

差し押さえ
仮押さえ・・・・裁判所等に申し立てて、給料などの
差し押さえ行為に出ます。
債務者に支払い義務があると認めさせる・・・・
もしあなたが、もう少し待ってください、返すので!
といったように支払の一部を払っていたり、期限延長を、
申し出ていると支払の義務を認めていることとなり
時効が成立しなくなります。

裁判上の請求を行った・・・・消費者金融が支払い催促や、
裁判上の法的手続きなどを行ったときには、時効が中断します。
法律で定められた行為をされてしまったり、承認してしまうと
仮にそのあと、借金返済を拒否し続けても、
支払義務はなくならないのです。

催促、時効を成立させるためには、

支払い義務を認めずに一度も返済していない、

かつ、5年が経過していることで、その旨を内容証明にて、
「借金は時効が成立しているので支払義務が、
消滅している」ということを内容証明で主張することです。

もしご自身で行いたいと思っても、一体いつからいつまでが
有効なのか、どうなっているのかわかりにくいことも、
あると思います。

ぜひ専門家に、借りた時からの履歴を確認してもらって、
時効成立で、催促がなくなるように協力してもらいましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金整理・取り立て
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.