借金整理・取り立て

借金の滞納のための裁判をどう切り抜ける?

投稿日:

借金滞納のせいで裁判所から通知が・・

小見出し:借金滞納のための裁判の通知書がきた!どうする?

消費者金融やカード会社から、借金の返済が滞納していると、
訴えられる可能性があります。

たびかさなる電話や催促にもかかわらず無視していたり、
するとある日突然裁判所から「支払い督促申立書」が届きます。
ようするに「貸した人から返さないと裁判になるといってるよ」
というお知らせ警告なのです。

びっくりすると思いますが、慌てない様にしてください。
借金をしているのに返済がないということで
申し立てが来ていますが、どのようにしますかという伺い書の、
ようなものと理解しましょう。
しかし、だからといって「払えないから、わからないもん」
とばかりに開き直ったり、無視してはいけません。

特に無視すると「申し立てた人の言う通り」の判決になり、
あなたに不利になることとなります。
「申し立てられた内容を認めている」という解釈になるのです。
あなたも弁護士や債務金額によっては認定司法書士でも可能なので、
答弁、申し立てをすることです。

これを異議申し立てといいます。

裁判所からの通知への対応は?

もちろん個人でも対応できるのですが、
相手は自分のところの弁護士を使って通知してくるはずです。

あなたもできれば、弁護士に依頼をしましょう。
金額によっては認定の司法書士でも可能な場合があります。
専門家の知恵で債務整理を行い借金を減らすこともできます。

返済に対応する、借金を減らすこと、あなたにとっての、
プラス方法を見出してくれるはずです。

もし相手が裁判所に訴えたのなら、こちらも専門家に、
相談するしかありません。もしも消費者金融側が、
勝訴の判決が出てしまえば、債務名義を取得されてしまいます。
難しい言葉ですが、ようするに滞納している人に対しては、
強制執行していいですよ、という権利が与えられてしまうのです!

こうなる前に早く専門家に相談、できれば督促が着たらすぐに、
というより督促が来る前に相談したいものです!

それが一番の解決の近道です。

無料相談をしてくれる窓口へ、メールや電話で相談しましょう。
裁判の返信期限がありますので、出来るだけ早く
相談するのがベストです!

若しも一刻を争うような時期で(放置したりしていたら)あれば、
あなたにとって不幸なことになる可能性があります。
今すぐ相談してみましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金整理・取り立て
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.