借金滞納の裁判をどう切り抜ける?裁判をしない事前解決方法

更新日:

借金滞納の裁判をどう切り抜ける?裁判をしない事前解決方法借金問題を抱えてしまった場合、裁判になってしまうことをご存知でしょうか?

借金を返済せず滞納し放置すると、裁判所から支払い督促申立書が送付されてきます。

まずは、この通知書がどのような意味があるのかについて考えていきたいと思います。

支払い督促申立書とは

借金問題について話していると、支払い督促申立書という言葉を聞くことがあるでしょう。

度重なる電話や催促にもかかわらず無視していたりすると、ある日突然裁判所から「支払い督促申立書」が届きます。

支払い督促申立書が送付されているからといって裁判がすぐに始まるわけではありません。

実際に、裁判所から送付されてくるのですが、「債権者から返済しないと裁判になりますよ。」という通知ですので、裁判が始まったわけではないのです。

びっくりすると思いますが、慌てない様にしてください。

借金をしているのに返済がないということで申し立てが来ていますが、どのようにしますか?という伺い書のようなものと理解しましょう。

しかし、だからといって「払えないから、わからないもん」とばかりに開き直ったり、無視してはいけません。

特に無視すると「申し立てた人の言う通り」の判決になりあなたに不利になることとなります。

「申し立てられた内容を認めている」という解釈になるのです。

あなたも弁護士や債務金額によっては認定司法書士でも可能なので、答弁申し立てをすることです。これを異議申し立てといいます。

もし、裁判になってしまったら、債権者は弁護士を雇い交渉してくることが一般的なため、自分も法律事務所に相談して、弁護士にサポートしてもらいましょう。

自分で返済する

もし、支払い督促申立書が届いた時点で、自分で少しでも返済できそうであれば、返済していきましょう。

それまでに、債権者に電話連絡を入れて謝罪することから始めてください。

支払い督促申立書を放置すれば、裁判が始まってしまいますので、どうすれば防げるか考え最善を尽くすことが大切です。

その選択として、自分で返済するという方法は、非常に有効ですので、ぜひ利用してみてください。

債務整理を利用する

もし、支払い督促申立書が届いた時点で、自分で返済できないというのであれば、債務整理を依頼しましょう。

もちろん個人でも対応できるのですが、相手は自分のところの弁護士を使って通知してくるはずです。

あなたもできれば、弁護士に依頼をしましょう。金額によっては認定の司法書士でも可能な場合があります。

専門家の知恵で債務整理を行い借金を減らすこともできます。

返済に対応する、借金を減らすこと、あなたにとってのプラス方法を見出してくれるはずです。

債務整理が実施された場合、間違いなく裁判が実施されることはありませんので、最も効果の高い方法です。

債務整理を実施する場合、自分で手続きを行う方法もありますが、法律事務所に相談すれば、専門の弁護士を紹介してくれます。

無料相談サービスがありますので、まずは、相談から始めてみましょう。

信用情報機関に記録される

裁判所から支払い督促申立書が届くということは、遅延損害金や金利によって、非常に利息が増えている状態だと思います。

そのまま放置しても決して良い状況になるということはありませんので、すぐに債務整理を始めてください。

もし、1度でも債務整理を利用すると、信用情報機関に記録されてしまいますので、金融機関を利用できなくなると覚えておきましょう。

しかし、債務整理を利用して、借金問題を解決すると、必要以上に金利によって返済額が増えなくなりますし、遅延侵害金も支払う必要が無くなります。

経度な債務整理であればあるほど、記録される期間が短くなりますので、任意整理を選択し、できるだけ自分で返済していくことを心がけましょう。

お金の管理を実施していく

借金問題を抱えてしまう理由は、お金の管理ができていないからでしょう。

あなたは、1ヶ月でどれぐらいのお金を、利用したか把握しているでしょうか?

お金の管理がきっちりとできていないと、自分で返済計画を立てることができないでしょう。

裁判をしたくないというのであれば、日頃からお金の管理をきっちりと行っておく必要があります。

まずは、1ヶ月の間で最低限購入しなければ生きていけないものを一覧表で記載し、どのようなものに最低限のお金を使うべきなのか具体的に把握しておきましょう。

借金依存症などの病気を抱える方は、必要以上にお金を使ってしまいがちです。

事前に何にお金を使うべきか決めておけば、お金を無駄にすることがなくなりますので、ぜひ、試していただきたいと思います。

督促を無視したりしない

借金を滞納してしまうと、何かしらの督促があるでしょう。

電話による督促かもしれませんし、郵便物による督促かもしれません。

このような督促があった場合、無視するのではなくて、しっかりと対応しておきましょう。督促通知を無視してしまうと、裁判になる可能性が非常に高いです。

金融機関によっては、債権回収業者がいないという理由で、電話による督促を無視した瞬間から裁判になるところもありますので気をつける必要があります。

督促があった時点で、金融機関のスタッフと話していれば、金利についても交渉できる可能性がありますし、返済額も見直してもらえる可能性があります。

借金問題による裁判をしない事前解決方法のまとめ

裁判を起こしたくないというのであれば、下記に記載することを心がけてください。

  • お金の管理を実施していく
  • 督促を無視したりしない
  • 自分で返済する
  • 債務整理を利用する

日頃からお金の管理や滞納しないことを心がければ、裁判になるということはありません。

滞納してしまった時点で、金融機関のスタッフの方と事前相談ができれば、色々と交渉可能ですので、信頼を失わないためにも、話し合いをすることをお勧めします。

もし相手が裁判所に訴えたのなら、こちらも専門家に相談するしかありません。

もしも消費者金融側が勝訴の判決が出てしまえば、債務名義を取得されてしまいます。

難しい言葉ですが、滞納している人に対しては強制執行していいですよ!という権利が与えられてしまうのです!

こうなる前に早く専門家に相談できれば、督促が来たらすぐに、というより督促が来る前に相談したいものです!

それが一番の解決の近道です。

無料相談をしてくれる窓口へメールや電話で相談しましょう。

裁判の返信期限がありますので、出来るだけ早く相談するのがベストです!

若しも一刻を争うような時期で(放置したりしていたら)あれば、あなたにとって不幸なことになる可能性があります。

当サイトで一番相談されている法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

樋口総合法律事務所
弁護士法人サンク総合法律事務所の特徴

東京都中央区にある弁護士事務所。債務整理ではたくさんの実績を持ち、さまざまなケースに対応できる実力派。電話相談の親切さに定評があり、依頼後のアフターフォローも良好だと評判のいい事務所です。全国から相談を受け付けています。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
任意整理着手金 49,800
任意整理基本報酬 19,800
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 別途相談
自己破産 別途相談

コメント弁護士法人サンク総合法律事務所の総評

  • 債務整理で月600件もの相談実績がある専門家
  • 自己破産など深刻な場合の手続きにも精通
  • 無料相談があり、費用の後払いなどにも対応

名村法律事務所

名村法律事務所
名村法律事務所の特徴

東京・錦糸町駅近くの弁護士事務所・名村法律事務所。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 平日10時~18時
任意整理着手金 20,000
任意整理基本報酬 20,000
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 300,000
自己破産 200,000

コメント名村法律事務所の総評

  • 自己破産・個人再生が得意
  • 事務員と弁護士がベテラン
  • 錦糸町の駅から近い

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所の特徴

闇金問題解決専門のウイズユー司法書士事務所です。違法業者整理違法業者の貸付金については利息はもちろん元金の返済も必要なく1社5万円~となっています。

種別 司法書士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
闇金業者整理 闇金業者1社5万円~(税別)
過払金返還請求 1社1万円~+回収金額の20%
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 30万~40万
自己破産 25万円+予納金・印紙代別途

コメントウイズユー司法書士事務所の総評

  • 経験豊富な司法書士の闇金問題専用の事務所
  • 電話をしたその場で、解決方法と対策を提案してくれる
  • 依頼した事がヤミ金業者にバレても守ってくれる

-借金整理・取り立て
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2018 All Rights Reserved.