知っておきたい借金のための抵当権

更新日:

知っておきたい借金のための抵当権あなたは、金融機関と契約する際、抵当権というものを設定したでしょうか?

返済額を返済できず、借金を滞納してしまった場合、抵当権はどのようなことになってしまうか、ご存知ですか。

今回は、抵当権というものから丁寧に解説していきたいと思います。

そもそも抵当権とは?

社会人にもなれば、様々な契約の中で抵当権という言葉を聞くことがあるでしょう。

ある日、「抵当権となるものを記載していただけますか?」と言われた際、「抵当権とは何ですか?」と言わないようにするために、詳しく確認していきたいと思います。

通常、ローンを組むときには銀行などの場合は抵当権を設定しますが、消費者金融は無担保なことがほとんどです。

銀行系のいわゆる住宅ローンなどでは、不動産系(土地や建物)などが担保に取られることが多く、住宅ローンを払えなくなったらそのローンを払っている物件を差し押さえられるということになります。

また連帯保証人などが設定されている場合もあります。

要するにあなた以外に、借金を負わされてしまう人が居る場合ですね。

しかし消費者金融の場合ですと、カードローンも担保や保証が要りません。

では返済ができなくなった場合にはどうするのかというと、自己破産や個人再生といった方法で借金を解決するということになっていきます。

中には抵当権を設定させられる消費者金融もいますが、不動産や家を担保にするといざというときに住むところが無いというようなことになりかねませんので、消費者金融ではあまり担保を担わせないほうが良いでしょう。

借金の返済と同時に抵当権は消滅する

抵当権の目的は、借金問題が解決できなかった際に、返済額を埋め合わせるためです。

そのため、借金を完全に返済することができたら、抵当権だけを存在させておく意義がありません。

そのため、完全に返済した後は、抵当権が消滅することになります。

ある程度、抵当権について理解している人であれば、この時点で登記簿から抵当権が消えるのではないかと考えるでしょう。

実は違います。

完全に借金を返済したとしても、簡単に登記簿からは、抵当権が消滅することはありません。

このとき、抵当権登記を消滅させるためには、自分で抵当権消滅手続きを実施する必要があります。

抵当権消滅手続きを行わず、放置し続けていると、抵当権に設定されたままのように見えますので、他で抵当権を設定する際に、借り入れを行うことが難しくなってしまいます。

また、抵当権に設定されている登記簿を見て、契約先の方も不審に思ってしまいますので、必要のない権利に関しては、すぐに消滅する手続きを行ってください。

抵当権消滅手続きの行い方

上記の内容を読んだ方は、抵当権消滅手続きの方法を知りたくなったと思います。

しかしながら、抵当権の消滅手続きなどを、行った経験がない方が多いと思います。

基本的に、抵当権の消滅手続きというのは、抵当権者と所有者の共同申請によって実施されます。

そうなると、相手の金融機関と様々な手続きを行わなければならなくなると思うでしょう。

そうなってしまうと手続きが色々と大変になってしまうため、金融機関から委任状をもらって自分で申請することが多いです。

完全に返済が終了すると、金融機関から抵当権の消滅に関する書類が送付されてきます。

これは、抵当権消滅手続きによる委任状ですので、そのまま法務局に申請し、登録免許税を支払えば抵当権の消滅手続きが完了することになります。

これを個人で行おうとすると、少し難しいと感じるかもしれませんので、法律事務所に相談しても問題ありません。

司法書士でも弁護士でも対応してくれますので抵当権消滅手続きに関する依頼を行いましょう。

抵当に入れていても借金が時効になったら

もしあなたがキャッシングやカードローンなどで債務を負っていて、抵当にいれているものがあったとしても、借金が時効になってしまったという場合にはどうなるのでしょうか。

もちろん先にも説明したように、時効を援用する(適用するための主張、実施をすることでしたよね)ことが必要ですが、担保があった場合の借金時効はもちろん担保の責任も消滅となります。

簡単に言うと担保を差し出さなくて良いんです。

その点でも時効の援用(主張と実施)が大切であることがよくわかりますね。

ただし、気を付けなければならないことは、借金を残して相続が起こった場合には、相続人に借金も引き継がれてしまいます。

あなたの子供、親、その他法廷相続人に借金が移行するので、気を付けてください。

資産と差引をしてプラスならば、相続する意味もありますが(税金等を考慮した後で、という、
ことにもなりますが)マイナスになる場合には、相続を放棄するという選択肢も選ぶ必要があります。

借金が返済できない場合の抵当権について

抵当権に土地を設定していたとしましょう。

思うように借金の返済ができず、滞納が続いてしまった場合、既にどのようなことが行われるか、お分かりだと思います。

抵当権の法律に従って、土地によって借金が埋め合わせられることになります。

しかしながら、土地で埋め合わせたとしても、土地の価値が高かった場合、お金が余ってしまうことになるでしょう。

このとき、お金というのは金融機関に、そのまま入ってしまうのでしょうか?

実は、返済額以上のお金に関しては、債務者本人に戻ってきます。

そのため、返済額以上のお金が金融機関へ行くということはありませんので知識として覚えておいてください。

抵当権に関する相談を法律事務所へ行う

もし、抵当権に関して、質問したいことがあれば、法律事務所に気軽に相談してください。

例えば、抵当権として設定していた土地が、家族との相続の関係で色々と手続きが必要そうだというのであれば、法律事務所は問題を解決します。

同時に、借金問題に関する相談も受け付けていますので、債務整理を実施しても良いでしょう。

仕事を依頼すれば、抵当権に関する手続きの代理人となってくれますので、非常に便利ですよ。

抵当権のまとめ

借金問題における抵当権とは、返済額を埋め合わせるための法的に決められた権利です。

債務者本人が約束を果たせない場合、抵当権が実行され借金が埋め合わせられることになります。

しかしながら、返済額以上のお金が抵当物から発生した場合は、債務者本人に返還されることになります。

このように抵当が設定されていたりする場合の借金は、何かあった時に書類上の手続きで専門家に依頼しなければ、なかなか素人ではできないことがあります。

払い終わった後の抵当権抹消もそうですが、司法書士や弁護士に依頼することがベストです。

法務局に出向いて行ったり、複雑な手続きを伴いますので、早めに法律の専門家に相談しましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

樋口総合法律事務所
弁護士法人サンク総合法律事務所の特徴

東京都中央区にある弁護士事務所。債務整理ではたくさんの実績を持ち、さまざまなケースに対応できる実力派。電話相談の親切さに定評があり、依頼後のアフターフォローも良好だと評判のいい事務所です。全国から相談を受け付けています。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
任意整理着手金 49,800
任意整理基本報酬 19,800
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 別途相談
自己破産 別途相談

コメント弁護士法人サンク総合法律事務所の総評

  • 債務整理で月600件もの相談実績がある専門家
  • 自己破産など深刻な場合の手続きにも精通
  • 無料相談があり、費用の後払いなどにも対応

名村法律事務所

名村法律事務所
名村法律事務所の特徴

東京・錦糸町駅近くの弁護士事務所・名村法律事務所。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 平日10時~18時
任意整理着手金 20,000
任意整理基本報酬 20,000
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 300,000
自己破産 200,000

コメント名村法律事務所の総評

  • 自己破産・個人再生が得意
  • 事務員と弁護士がベテラン
  • 錦糸町の駅から近い

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所の特徴

闇金問題解決専門のウイズユー司法書士事務所です。違法業者整理違法業者の貸付金については利息はもちろん元金の返済も必要なく1社5万円~となっています。

種別 司法書士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
闇金業者整理 闇金業者1社5万円~(税別)
過払金返還請求 1社1万円~+回収金額の20%
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 30万~40万
自己破産 25万円+予納金・印紙代別途

コメントウイズユー司法書士事務所の総評

  • 経験豊富な司法書士の闇金問題専用の事務所
  • 電話をしたその場で、解決方法と対策を提案してくれる
  • 依頼した事がヤミ金業者にバレても守ってくれる

-借金整理・取り立て
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2018 All Rights Reserved.