借金整理・取り立て

借金の和解、時効は裁判以外でも有効なものがあるの?

投稿日:

借金の和解は裁判以外でも可能?時効はあるの?

借金の時効、和解は裁判以外でも出来る?

いやー、もう借金なんか5年以上経ってるから時効ですね!
と思っている人、ちゃんと法律的な手続きをしましたか?

というのもただ時がたっているのを待っているだけでは、
時効になりません。そうです、今までこれをお読みになった方は、
わかっているかと思いますが「実行するためのあれ」をしないと、
時効にならないんですね。時効の証明行動を起こさないといけません。

これを援用といいました、覚えてますでしょうか?
初めて読んでくれた人のために、この時効成立のための証明、
つまり相手(借りた人)に、「5年たったのでこの借金は消滅して、
支払い義務が終わりましたよ。」と言ってあげなくてはいけないのです。

言うだけでは「言った言わない」になるので、
証拠が残るよう、「内容証明」っていうもので証明して送付します。

これで初めて「時効が成立!」となるわけです。

これは業者から借りたお金の場合、法人の場合は5年で消滅。
個人間の時効は10年なので気をつけてくださいね。

でも自分でやると不安だな、いつからいつまでで5年なんだっけ?
みたいな人は専門家に任せましょう。

間違ったらアウトですから、司法書士や弁護士にちゃんとした、
期間を割り出してもらった方が無難です。

 

和解は裁判以外でも可能?どうやって和解するの?

ちなみに和解を業者などとする場合には、まず個人と消費者金融で、
行った場合は難しいといえるでしょう。

個人が交渉しても恐らく無理。和解したい場合には裁判に持ち込むか、
あるいは弁護士や司法書士に交渉してもらうことです。

弁護士や司法書士は和解の手段や方法を経験上持っていますから、
年月、期間に関しても把握するのはお手の物ですし、
あなたの現在の状況から一番ベストな方法を選んでくれます。

時効を待つのもいいですが本来借りたものは、
返すのが原則ですから、和解をしたい場合でも自分が、
逆の立場だったらいくらかでも返せよ!ということになりますよね。

そこで、和解の場合はあなたの負担を少しでも軽くし、
相手も貸した分くらいはきちんと返済してもらえるような、
両方に多少の分がある方法をとらないと納得してくれないでしょう。

そんなやり方は専門家でないとまとまりません。

和解は裁判では、調書が出ますが交渉の場合は、
きちんと公正証書なりの書面で残しておくことで、
後々のトラブルも避けられます。

やはりこんな場合でも専門家が欠かせないのですね。

ひとりで悩んでいる人は専門家に相談することが、
スッキリの近道ですよ。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金整理・取り立て
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.