借金整理・取り立て

もう借金の取り立てに困らない!ためのポイント

投稿日:

借金取り立てに困らないポイント

もう借金の取り立てに困らない人になる

借金の取り立てというと、テレビドラマのように、
怖い人たちが、押し寄せて返さないと家族がどうなってもしらねーぞ!

状態にあることを想像してしまいますよね。

そんな毎日のやりとりに困り果て、夜逃げや居留守を使うシーンが
みられましたね。

実際、家のガラスを壊したり、深夜の訪問や電話をしつこくかけた
ドラマのような取り立ては、どうなのでしょうか?

実はあれを実際に行ったら「違法」です。貸金業者により、行う禁止事項は、
貸金法できちんと定められているのです。

もしあなたがこれに触れるような取り立てをされていたら・・・
法律家や場合によっては警察に相談することもできるのです。

その違法行為、知っておいてもらいたいとおもいます!
借金取り立ての対策案です。

こんな借金取り立ては違法!

まず特別な理由もないのに午後9時から午前8時までの間に訪問する行為は、
違法行為とされます。一般的にいってくつろいだり、
終身している時間帯に、取り立てをすることは、債務者の私生活を、
みだすこととみられるのです。

平穏な生活を乱すような行為は違法行為とみなされます。

それから正当な理由がないのに債務者の勤務先に電話をかけたり、
直接訪問して債務者に圧力をかけるのも禁止です。

又ドラマでありがちな、債務者が返済義務を負っている事に関する、
ビラや張り紙等を用いて債務者が借金をしている事実を第三者である、
他の人に知らしめたり、いわゆる嫌がらせ、的な行為をすることも、
禁止です。

「xx金返せ」と書いたビラやポスターを家の前にまいたり、貼ったり、
する行為は禁止行為です。
それから債務者や保証人以外の人に対して借金を返済するように、
要求する行為も禁止です。具体的には債務者の家族や友人などです。

これもドラマ的に言うと、オヤジが借金をしたのに、奥さんや、娘さんに
「お前らが代わりにソープで働け!」というような
ナニワ金融道的な展開になることがありますが、実は禁止です。

そして以上のようなことをする、したことがばれると2年以下の懲役や、
罰金が科されることもあるのでチェックしたいものです。

余りにこれらのひどさが目立つ場合には、裏の闇金会社である、
可能性もあります。弁護士や司法書士に相談して、
支払わなくていいような対策の知恵を貰いましょう。
専門家に相談することが一番安心の対策です。
借金の取り立てで一喜一憂するよりも、「この行為が違法なのかどうか」
ということや、ご家族を守るために専門家に相談すると言う点も、
良く考えなくてはなりません。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金整理・取り立て
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.