借金整理・取り立て

借金の任意整理をするに当たってのデメリットは?

投稿日:

借金を任意整理するデメリットをみていこう

借金整理の任意整理、デメリットは?

任意整理は、便利な借金の金利を減らす方法ではありますが、
もちろんデメリットもあります。

便利な部分としては、誰でも利用できることや、
複数に借りている場合には、全部ではなく、
個々の金融機関だけを選んで利用できたりすることも、
人によっては都合が良いでしょう。

また裁判所を通さずに整理できるということで、
その点も時間がかからないというメリットもあります。

反対にデメリットの方も覚えておかなければ
うまく利用できなくなってしまいますので、気を付けましょう。

任意整理のデメリットはこんなところ

まず、大きな部分としては信用情報に記録される、
ということです。この場合、整理後に借金を返済してから、
(返済しやすい金額に変えた後の返済ですね)
しばらくの間は新しい、クレジットやローンが組めないことが、
あります。

ようするに「この人借金を仕切りなおしてもらったんなら、
次に貸すときには注意しないとまた、同じことするかもしれない」
という用心範囲になるわけです。

普通にカードショッピングする程度は大丈夫かも、
しれませんが、(リボ払いとかはNGかも)その人の状態により異なりますので、
不安な場合には弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

任意整理をした後から大体5-7年ほどは、
新たな借金をすることが出来なくなることが多いようです。

また消費者金融によっては任意整理には応じない、という
業者もいます。
借金を減らされればそりゃ、嫌だよ!となりますから、
あまり貸している側からすれば、歓迎される内容では、
ありませんからね。

そのあたりは交渉にすべてかかってきますので、
まずは最適な方法を見出して、専門家ときちんとした対策を、
練っていくことが大事でしょう。

また任意整理の場合は、返済方法を約束したからには、
きちんと返していかないと訴訟になったり、
前よりもこじれることも予想されます。
自分が返せる範囲で、対応できない場合には任意整理は、
向いていないこととなりますので注意しましょう。

もともと前提が「返すこと」になっているわけですから、
返さなくていいわけではありません。
返すことが前提になっているだけに計画的な返済を、
専門家と一緒に作ることが大事なのです。

しかし、相談するのをためらう人もいます。

司法書士や弁護士は、初回相談を無料で受け付けてくれる、
という法律事務所もありますので、まずは、
話しだけでも聞いてもらうに越したことはありません。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金整理・取り立て
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.