借金整理・取り立て

諦めるのはまだ早い!返せなさそうな借金を乗り越えるコツ

投稿日:2015年9月13日 更新日:

諦めるのはまだ早い!返せなさそうな借金を乗り越えるコツ困った借金にはどのように対策したらいいのか・・・そもそも、どうして借金に困るようになったのか?

理由は様々ですが、たぶん「今だけ乗り切れればなんとか返せるだろう」と思って軽い気持ちで借りたのだと思います。

しかし思ったより金利も高いし、毎月の計算がくるってしまって、うまく返せなくなった、その繰りかえしで、どうにもならないという状態になるのかもしれません。

安易な借り入れによって、利息と遅延損害金が重なり、自分1人での返済は不可能だと感じるのであれば、下記に紹介する手順に従って借金問題を解決していきましょう。

借金を乗り切った人の体験談

借金で困った人はどのようにして、その山を乗り切ったんでしょうか?それにはいくつかのポイント、共通点がありました。

一人で悩まなかった

まず一つは「一人で悩まなかった」ことです。

初めのうちは一人でくよくよしていたこともあったそうですが、これは他の第三者の人の知恵を借りよう!と思い立ったら吉日、専門家に相談した人が、まず、第一の山を乗り越えています。

現実に沿って見直しをかけていた

そして第二のポイントは、今の現状をきちんと把握して、いつからいつまでどのように支払わねばならないのか、どのように今後していくのかを明確に現実に沿って見直しをかけているということ。

今自分がどれくらい借りていて、どれくらい返すのか、ということがさっぱりわからなくなっている人はダメ。乗り越えられないことが多いです。

現状把握がとても大事なので、軸を見直すことが必要です。

借金の金額を具体的に把握する

もし、借金を自分で返済できないというのであれば、他者の協力を得なければいけませんが、具体的にどれぐらいの借金を抱えているか数字で把握できているでしょうか?

お金の問題ですので、1円単位で誤りがないように数字で把握しておく必要があります。

50万円なのか、55万円なのか、同じ50万円台ですが、5万円の差は非常に大きいです。

アルバイトで5万円稼ごうとすると、非常に苦労しますし簡単に稼げる金額ではありません。

だからこそ、今どれぐらいの借金があるのか具体的に把握し、本当に返済不可能なのか計算していく必要があるのです。

毎月の給料から何円まで返済にあてられるのか

具体的に借金の金額が数字で把握できたら、毎月給料から何円まで、返済にあてられるか明確にしておきます。

支払いが楽だからという理由で、毎月5千円に設定していては、いつまでたっても返済できないでしょう。

この問題を解決するためには、最大限節約を行った場合、何円手元に残るのか明確に計算していく必要があります。

節約を頑張った結果、必ず5万円が手元に残るというのであれば、5万円ずつ返済にあてていきます。

今まで全く返済を行ってきていない人にとって、5万円という数字は非常に大きいでしょう。

しかしながら、少しでも早く返済していかなければ、利息や遅延損害金によって、どんどん借金の金額が増えてしまいます。

支払いを最小限に抑えたいというのであれば、1回の支払いを大きく行い、完璧な返済を目指していくべきです。

おまとめローンを利用する

もしあなたが、様々な金融機関から借りた結果、多重債務者だというのであれば、借り入れ先を1つにまとめた方が良いでしょう。

おまとめローンを利用すれば、利息の安い金融機関にまとめることができるため、毎月発生する利息を最小限に抑えることが可能です。

おまとめローンを利用するためには、借り入れ先を変更する手続きなどを行わなければいけないため、非常に手間がかかると感じるかもしれませんが、できるだけ早い段階で実施しておくことで得られる恩恵は大きいですので、おまとめローンを利用しておきましょう。

実際に、おまとめローンをする場合は、まとめ先の金融機関に相談して、確実に債務をまとめていくことをお勧めします。

様々な手続きもあると思いますので、契約内容の見直しも含めて、スタッフの方に相談してみましょう。

過払い金請求について調べてみる

あまりにも利息は早く増えるというのであれば、過払い金請求について調べてみましょう。

もしかしたら、テレビでも「払いすぎた利息が戻ってきます。」という言葉を見かけるため、過払い金請求についてご存知かもしれません。日本の法律では、一般のお客様に18%を超える金利で借り入れを認めると、違法行為に該当します。

あなたの利用している金融機関の金利が20%であれば、完全に違法行為を行っていますので、過払い金請求を行う必要があります。

過払い金請求を行えば、これだけの恩恵を得ることができます。

  • 払いすぎた利息が戻ってくる
  • 借金問題が完全に解決できる可能性がある
  • 信用情報機関に必要以上に記録されない

過払い金請求は、債務整理のうちの1つですので、もし金利に異変があると感じるのであれば、すぐに実施しましょう。

債務整理は誰に頼めば良い?

実際に過払い金請求を行うことになった際、誰に頼めば良いのでしょうか。

過払い金請求を実施するためには、引き直し計算などを行う必要があるため、ある程度の法的知識が必要です。

計算結果が出た後は、金融機関とも交渉する必要があるため、債務整理専門の弁護士に相談すると良いでしょう。

せっかく仕事を依頼するからには、安心できる法律事務所の弁護士に相談したいと思いますので、無料相談を利用して、どのような人物か確認してみてください。

話し方や説明が丁寧であれば、間違いなく信用できる弁護士でしょう。

法律事務所の弁護士は、過払い金請求以外にも任意整理や自己破産などの法的処置も行えますので、現状の借金問題について素直に相談してみてください。

あなたの借金問題に応じた、債務整理方法を提示してくれるでしょう。

「でも専門家に依頼するとお金もかかるし、大変でしょ?」

こんな心配が出てくる人もいるでしょう。しかし、ご安心下さい。

まず、初回は相談は無料ですし、その時にお金が無くても後から取り返したり、借金を軽くしたときに、そこから相殺してリーズナブルに対応したり、支払いを債務者ということでフレキシブルに対応してくれるという法律事務所も増えています。

弁護士や司法書士は今やサービス業。どうして悩んでいるのかを把握していたら、法外なお金を取りまくるということは考えにくいです。

もちろん、この報酬には事務所の方針もあるので、一律ではないのですが人気の専門事務所や口コミおすすめの高い債務整理に強い事務所というのは利用しやすい証でもあるのです。

まずは、無料相談する → 支払内容、日にちの確認をする→ 処理代行を依頼する → 解決後清算

という形になるほうが多いので、今すぐいくら払って、お願いするという無理な方法はないことが多いものです。

まずは相談をしてみないと始まりません。借金に、困った時の専門家相談。

これが困った時の解決方法の近道です。

借金問題を解決する方法のまとめ

もし、自分で解決できそうであれば、金融機関のスタッフに相談して、おまとめローンを利用してください。

これで、金利による支払いを最小限に抑えることができます。

また、債務整理について勉強することで、違法な金利で支払っていることが把握できたのであれば、弁護士を利用して過払い金請求を行いましょう。払いすぎた利息が戻ってきます。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金整理・取り立て
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.