ブラックリストに載るとできないこと

更新日:

ブラックリストに載るとできないこと銀行系のカードローン会社や消費者金融系のカードローン会社を利用し、借金をしてしまうとブラックリストに掲載されてしまうという言葉を聞いたことがあるでしょう。

しかしながら、ブラックリストとは一体何なのでしょうか?

そもそもですが、金融機関にブラックリストというものが存在するのでしょうか?

今回は、改めてブラックリストとは、何なのかについて具体的に解説していきます。

ブラックリストとは金融機関の個人信用情報に登録されること

正直なことを申し上げれば、金融機関にブラックリストと呼ばれるリストは、存在するとも言えますし、存在しないとも言えます。

「非常に不明確な回答ですね。」と思われたでしょう。

なぜなら、ブラックリストとは、金融機関の個人信用情報に登録される信用情報機関の記録のことを表しているからです。

CICが保有する信用情報

一般的に金融機関を利用し、借金を放置し続け滞納していると、信用情報機関に滞納している事実が明確に記録されてしまいます。

金融機関が個人情報を照会すると滞納していることがすぐに知られてしまうため、このような状態をブラックリストに掲載されていると呼びます。

そのため、ブラックリストと呼ばれるリストが存在するわけではありません。

簡単に説明すれば、信用情報機関に滞納者として記録されているということです。

数回滞納しただけではブラックリストに掲載されない

多くの方が、1度でも滞納してしまうと、信用情報機関に記録されてしまうのか気になっているのではないでしょうか?

1度滞納しただけでは、信用情報機関に記録される可能性は非常に低いです。

なぜならば、振り込みを行おうと予定していたとしても、人間である以上振り込み忘れることがあるからです。

このような方を、信用情報機関に記録しても意味がありませんので、滞納者として記録されないことが一般的です。

滞納者として記録されるのは、電話や郵便物による督促を行っても、払う傾向が見えない方です。

このような方は、滞納者として信用情報機関に記録されます。

そのため、金融機関で利用した分に関しては、必ず返済する気持ちがあり毎月返済しているというのであれば、1度の返済忘れ程度では信用情報機関に記録されないと覚えておきましょう。

信用情報機関に記録されてしまうとどうなる?

金融機関から借り入れたお金を返済せず放置してしまった場合、滞納者として信用情報機関に間違いなく記録されます。

もし、現時点でこのような記録が残ってしまった場合、債務者というのはどのようになってしまうのでしょうか?

ブラックリスト入りすれば、当たり前ですが新規の借金はまず審査が通りません。

5年間はブラックリストに載る

「一度掲載されたら、消えないの!?」と思われる方も、とても心配されている方もおられるでしょう。

通常の借金返済がダメでブラックリスト入りする場合は5年を超えればいったん事故情報がクリアになります。

逆に金融機関の間ではブラックリストを常に共有していますから、5年経過しなければ、新しくローンを組むことができません。

クレジットカードが作成できない

まず、考えられることとして、新規でクレジットカードが作成できなくなるということです。

信用情報機関に滞納者としての記録が残っているため、どの金融機関もクレジットカードの新規作成を承諾しません。

そのため、どれだけ申請したとしても、クレジットカードが作成できないということです。

新たに借り入れることができない

信用情報機関に滞納者として記録された場合、クレジットカード止められてしまう可能性があります。そのため、当然ですが新規で借り入れを行おうとしたとしても、クレジットカードが利用できないため、お金を借り入れることができません。

しっかりと返済するまでこのような状態が続くと覚えておきましょう。

遅延損害金を支払う必要がある

信用情報機関に滞納者として記録されている場合、しっかりと返済するまでは、借り入れ先の金融機関から損害賠償金を請求される可能性があります。

その損害賠償金のことを、金融機関では遅延損害金と呼んでいます。

そのため、借り入れたお金と利息と遅延損害金の返済をしていく必要があるため、返済を怠ると完全に自分では返済できない状態となってしまいます。

弁護士を利用して債務整理を実施する

もし滞納者として記録されている場合、自分で返済できないと感じるのであれば、債務整理を実施するしか方法がありません。

弁護士に借金問題を解決してほしいと明確に伝えれば、正しい対処を行ってくれます。

最初は、分からないことも多いと思いますので無料相談サービスを利用して、現状の借金問題について質問してみましょう。

もし納得のいく弁護士であれば、債務整理を依頼することで、あなたの抱える借金問題をしっかりと解決してくれます。

電話による督促や郵便物による督促が実施されていたとしても、債務整理を実施すれば、督促を止めてもらうことができますよ。

ブラックリストのまとめ

ブラックリストに掲載されるとは、信用情報機関に記録されることだと説明しました。滞納者として記録されてしまうと、下記のような問題点が発生します。

  • クレジットカードが作成できない
  • 新たに借り入れることができない
  • 遅延損害金を支払う必要がある
  • 5年を超えればいったんブラックリストから消える

ブラックリストは確かに、後々の生活が審査でばれてしまうので、新しい借金が一定期間組めなくなることはありますが、さほど他に支障がでるというものではありません。

少なくとも良い方向に受け止めれば「これ以上借りなくてよかった。これからはすっきりした身になるために、5年間は健全に生きろ!」という意味なんだ!

と自分に言い聞かせて下さい。これは、やせ我慢でも何でもありません。

消費者金融等で返済が滞って、さらに払うことができなかったり債務整理をしてしまった場合は、
信用調査機関によるリストに掲載されてしまいますので、ある一定の間は新しい借金は出来ませんが、その他カードで買い物をしたりする分には特に問題がありません。
(もちろん支払いが滞ったりしたらダメですが)

できればブラックリストに載るようなことがないようにしたいですね。

当サイトで一番相談されている法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

樋口総合法律事務所
弁護士法人サンク総合法律事務所の特徴

東京都中央区にある弁護士事務所。債務整理ではたくさんの実績を持ち、さまざまなケースに対応できる実力派。電話相談の親切さに定評があり、依頼後のアフターフォローも良好だと評判のいい事務所です。全国から相談を受け付けています。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
任意整理着手金 49,800
任意整理基本報酬 19,800
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 別途相談
自己破産 別途相談

コメント弁護士法人サンク総合法律事務所の総評

  • 債務整理で月600件もの相談実績がある専門家
  • 自己破産など深刻な場合の手続きにも精通
  • 無料相談があり、費用の後払いなどにも対応

名村法律事務所

名村法律事務所
名村法律事務所の特徴

東京・錦糸町駅近くの弁護士事務所・名村法律事務所。

種別 弁護士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 平日10時~18時
任意整理着手金 20,000
任意整理基本報酬 20,000
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 300,000
自己破産 200,000

コメント名村法律事務所の総評

  • 自己破産・個人再生が得意
  • 事務員と弁護士がベテラン
  • 錦糸町の駅から近い

ウイズユー司法書士事務所

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所の特徴

闇金問題解決専門のウイズユー司法書士事務所です。違法業者整理違法業者の貸付金については利息はもちろん元金の返済も必要なく1社5万円~となっています。

種別 司法書士
相談料 無料
分割払い
全国・休日対応 全国対応 年中無休
闇金業者整理 闇金業者1社5万円~(税別)
過払金返還請求 1社1万円~+回収金額の20%
減額報酬 10%
過払い報酬 20%
個人再生 30万~40万
自己破産 25万円+予納金・印紙代別途

コメントウイズユー司法書士事務所の総評

  • 経験豊富な司法書士の闇金問題専用の事務所
  • 電話をしたその場で、解決方法と対策を提案してくれる
  • 依頼した事がヤミ金業者にバレても守ってくれる

-借金整理・取り立て
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2018 All Rights Reserved.