借金相談・悩み

借金の援用とはどのようなことをいう?債務から脱出?

投稿日:

借金の援用とはどのようなものをいうのだろう

債務から脱出できるチャンス?

借金援用と言う言葉をご存知でしょうか。
あんまり、なじみがない言葉ですよね。

まず債務は時効と言うものが存在しています。
ようするに「ここまできたら払わなくていいよ!」
ということです。

事件と同じようなものですが、時間がたつと貸しているほうからの、
請求する権利が消滅するのです。

貸金業者から借りた場合、時効は5年となっています。
個人同士の貸し借りの場合には10年とされています。

もしあなたの借金の時効が過ぎていたら、「借金時効の援用」の、
手続きをしなくてはいけません。

この時効を有効なものにする手続きと思ってくださいね。

時効が来ただけでは、適用とならず、確定されません。

借金時効の援用を申し出て初めて確定となります。
この点に注意してほしいと思います。

要するに借金の援用とは「自分はもう時効がきているから、
この借金は消滅しているよ!」と主張することです。

 

時効の援用とはどんなことをすればいいの

さて、まずこの時効ですが、ただ、5年や10年をぼーっと、
待っているだけでは借金が消滅しません。

条件としては、借金を返済していない状態が続いていなければ、
なりませんし、債務している人=あなたが一部でも返済したら、
借金の消滅時効は適用されません。つまり中断となってしまうので、
気をつけておきましょう。

金融機関(この場合は消費者金融をいいます)とされている、
消費者金融から、この時効成立について、内容証明郵便で、
借金返済の勧告をされると時効が6カ月延長されます。

この延長の間は、相手にとっては裁判の準備期間とされており、
時効の中断、いわゆる消滅時効が中断されてしまうわけです。
のんびりまっているだけでは、何も始まりません。
消滅期間途中で、あなたが知らない所で裁判を、
起こされてる可能性も、あるのです。

ではこの時効を宣言するにはどうしたらいいのでしょう。

カンタンです、内容証明郵便を相手である消費者金融に送るのです。

自分で記載してもいいですが、司法書士や弁護士に代行してもらえば、
まず間違いありません。(本気だぜ!ということも伝わりますし、
手続きも代行してくれるので楽ちんです。)

あわてて作って、間違えて、消滅時効が適用にならない(最悪!)
なんていうことにならないように、専門家の目を通して、
作成したほうがより安全で確実です。

要するに借金をなかったことにするには専門家の力があったほうが、
効果がスムーズに適用されるのです。

内容証明は相手が書類を受け取ったという事実が残る、
履歴が解る証明です。

しかしこの間に、債権者である消費者金融があなたに対して、
時効の中断を裁判所に申し立てていれば、時効は中断します。
いわゆる差し押さえも起こってくるのです。こんな逆襲にならないために、
またなった時の対応手段としても、
時効の援用は専門家に対応してもらうが一番です。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金相談・悩み
-

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.