借金相談・悩み

借金の時効援用とはどのようにプラスなのか?

投稿日:

借金の時効について、援用について

請求できる権利は先にしておかないと行使できない

突然ですが・・・・・請求できるのに、
請求しないということは、もう知りませんよというのが、
法律の世界です。これを消滅時効といいます。

「おっ、それなら払わなくてもそのままほっておけば、
楽ちんなんだあ!」と思うかもしれませんね。

ところが・・・

ただこの時効をストップさせる方法もあるので債権の場合は、
注意が必要です。

時効というのは時効を受けるものが自身で請求を起こして、
初めて成立するものなのです。
ですからきちっと書面で、内容証明でそのことを主張しなければ、
いけません。

時効期間が過ぎた後は借りた人が何もしなければ借金を支払う、
義務が生じます。支払い督促を行うこともできます。

これを債務者(借りた人)が、時効を援用すれば、借金は初めて、
この時に消滅するのです。

簡単に言うと、自分が「払いませんよ」と
借りた相手に意思表示をしないといけません。
言葉じゃ、「言った、言わない」になります。

時効を自分で「終わりだよ!」と相手に伝えるのです。
出来ればきちっと残る内容証明のような書面がいいです。

任意に借金援用せずに支払いに応じていたとしたら、
これは援用が出来なくなります。
要するに借金があるのを認めているため、払っているということに、
なってしまうのです。難しいですよね!でも大事です。

援用出来る立場をキチンと把握しておこう

債権は、個人の場合は10年間行使しない場合は消滅します(民法第167条)。
企業から借りたお金、いわゆる消費者金融から借りたものであれば、
時効は5年です。貸金業者からのお金は全部これに相当します。
商取引に関する企業と個人間のお金はこれに当たると言うわけですね。

ちょっと難しい話しになりましたが、
もしあなたが、借金を返済してしまっていたら、
借金を認めていると言うことになりこの権利は消滅します。
いわゆる借金が時効となる援用権利がなくなるということです。

あるいは、債務を承認しているということにもなるのです。

貸したお金を返せと言うことに対して「返します」となると、
時効の消滅はなくなりますから、自分で払うしかなくなってしまうのです。
金額に関係なく1円でも払うと、借金が援用できなくなりますから、
気をつけてください。

しかし一定期間払わなければ時効が成立するのですから、
ご自身がこの援用をできる立場にあるようでしたら、弁護士や、
司法書士に相談することをお勧めします。

司法書士や、弁護士に頼むことのメリットは、
援用のための内容証明が「士業名」になりますので
個人名よりも「この人のバックには専門家が付いている」と、
思わせるために効果があります。

本気度が高いということです。

専門家は期間についてもきちっと見てくれます。
債権者からすれば、間の履歴がないとか、まだ時効ではないと、
言ってくる可能性もありますが、それは専門家が借り入れの履歴を、
見ればわかることです。

時効期日の起算日には種々の見解がありますので、
時効ぎりぎりではなく、ある程度の余裕を見て内容証明などを、
準備する方がベターでしょう。借金の時効、援用を実行する場合は、
個人よりも専門家に依頼するのがお勧めです。

ただし消費者金融側から中断措置が取られると、
その期間中は時効の日数計算がストップとなり、時には振り出しに戻って、
いたということもあります。
逃げ回っていれば大丈夫、というものではないので、気をつけましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金相談・悩み
-, ,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.