借金相談・悩み

老後まで借金が残らないための「法則」は?

投稿日:

老後に借金が残らない様にする

老後に借金が残らない様にするための法則!

老後に今の借金が残っていたらどうしよう?

当然ながら今より老後は収入がなくなるはずです。
ヘタすると、年金だけになったりする人もいるでしょう。

ただでさえ貧困率が高い老後、借金があったらどうしよう。

これは高齢化社会の今において由々しき問題です。
ただでさえ金がないのに、働けないし、払えないじゃん!
ということですよね(苦笑)。
高齢者世帯の半分は今、老後貧乏、すなわち高齢者が、
最低生活基準よりも低い基準で生活している状態です。

将来的にはもっと今より悪くなるでしょう。

もちろん今と同じくらいの収入を得ている人がいたら、
問題はないと思いますがそんな人は一握りです。

借金のない人でも3000万~4000万の蓄えは無いと、
生きていけないなどという統計もあり、(嘘みたい?!)

老後の心配と、借金の心配両方しなければならない状態では、
いったいどうすればいいのかということになりますね。
また国民年金は減るのみ、しかし介護保険料や健康保険料は、
上がるとされています。

超暗い話ばかりの今回ですが、
これに住宅ローンが残っていたりしたら最悪でしょう。

生活保護の申請も視野に入れないといけませんが、
それもせっかく月いくらかをもらっていても、借金が、
残っていたら全部返済に回すという老後の借金悪循環に、
なりかねません。老後の借金、やっぱりヤバいです。

老後借金に、おちいらないために

まず、老後の借金貧乏に陥らないためには、
今から借金を終えておくことです。

当たり前のことですが大切なことです。(きっぱり)

ただでさえ老後の生活は今より裕福にはなりませんから、
そのことを肝に銘じて今のうちに整理しておくことです。

そのためには過払い金があれば清算して返してもらう。
整理できるなら終わらせておくことが大事です。

万が一あなたが寝たきりになったり、家族のために、
お金を使わなくてはいけなくなったりしたら、
余計に大変です。

お葬式代もお墓代も借金に回さねばならないといった、
老後にならないようにすることです。

そのための法則はまず、専門家に相談すること。

しかも早めにです。今ある人はすぐにです!
老後にならないうちに、今のうちに専門家には、
借金を終わらせる相談をしておきましょう。

そして老後は借金に悩まされない毎日を過ごすことです。

借金を墓場まで持っていく必要はどこにもありません。
老後に持っていく必要ももちろんありません。
今のあなたの状態を見直して、専門家に整理してもらいましょう。
それが一番の法則の基本となりますから。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金相談・悩み
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.