借金相談・悩み

親に借金相談されたらどうする?!または借金相談したい場合は?

投稿日:2015年8月26日 更新日:

親に借金相談されたらどうする?!または借金相談したい場合は?

突然!親の借金が発覚?!借金相談されたら?

よく耳にするのが、親に借金相談をされたらどうするか?ということや、親に自分の借金相談をしたほうがいいのか?という点です。

まずは親から借金相談された場合・・どう対処すればいいか戸惑う、当然ですよね。いきなり今まで普通に、過ごしていたのにある日突然親から、

「実は払えそうにない借金があるんだよ。」

と言われたら、うちって大丈夫なの?もしかして家出たりしないとダメなの?というところだと思います。

しかし、正直に家族で助け合いたいという形で、打ち明けたとしたら、前向きな対応のためには、専門家に相談してみようよ、ということを言い出さなければ、いけません。

そのまま黙って過ごしていたら、借金はかさむ一方です。

借金相談をされたら、まず専門家に相談することで、家族は一致することです。そのあとは専門家の指示を仰ぎましょう。

親に借金相談をする場合には

またあなたがもし借金に困っていて、誰にも相談できない、ということでしたらご家族へは相談するほうがいいでしょう。

あなたの立場がどのようなものになっているのかは、わかりませんが、少なくとも家族に隠し通せる範囲と、そうでない範囲があります。

打ち明けられた方は驚くと思いますが、何人かよれば、文殊の知恵です。そしてそれは専門家に相談してみよう、ということになるはずです。

家族全員を巻き込む前に、今の実状を、身内の中で相談しておきましょう。借金相談をしないで、たとえばあなたにもしものことがあったら、その後の迷惑をこうむってしまう家族はもっと驚くことでしょう。

隠していたことが後々まで家族を苦しめることになりかねません。

その前に専門家に相談すべく道をつけておくのが、借りた人の責任というものではないでしょうか。

意外とすんなり解決するかもしれません。借りている人というのはあまり、専門的なことや、具体的な案を思い浮かべたりしないものです。

そしていざというときになると「どうしたらいいか」で、悩んでしまって自己嫌悪に陥るパターンも多いです。

借金相談を親にする、恥ずかしいことではないと、思ってください。もちろん家族ですから厳しいことも、言うと思います。しかし隠す方が恥ずかしいと思います。

親へ相談したりされたりすることで借金から脱出できるという、糸口につながるはずです。一番いけないことは放置していることです。

誰も幸せになれません。まずは専門家と、家族には、隠し事をしない様にしましょう。親から借金相談されても、しても、まず専門家との連携は不可欠といえるでしょう。

親族同士の借金問題で贈与税が必要って本当?

あなたは、親からこのような相談をされたとき、どのように対処するでしょうか?

「実は、今まで言えなかったことがあるのだが、500万円ほどの借金があって、どうにも返済できないんだ。ちょっとお金を貸してほしい。必ず返すから。」

親ということもあり、あなたはしかたなく、お金を貸してしまうのかもしれません。しかしながら、金銭の貸し借りというものには、法的な問題が発生します。

例えば、贈与に関する問題です。テレビ番組を見ていると、贈与税に焦点が当てられて、様々な問題が論じられることがあります。今回は、贈与税という言葉について、全く知らない方にでも理解できるように解説していきたいと思います。

初心者でも簡単に理解できる贈与税の基礎知識

贈与税という言葉を、今日初めて聞いたという人もいるでしょう。また、贈与税という言葉を聞いたことがあるけれど、その詳細について全く詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

贈与税というのは、生きている人から財産を譲り受けた場合、税金を支払わなければいけないというものです。

言い換えれば、生前贈与が発生した場合に、税金を支払う必要があるということです。まさに、上記で説明した、親から子供へ財産を貸す行為や、子供から親へ財産を貸す行為は、贈与税に関する対象行為となるのです。また、贈与税には、一定の条件というものが定められています。

贈与税の対象となる基準

贈与税の基準として、年間110万円という決まりがあります。

これは、1年間に、財産をもらった人1人に対して、110万円までであれば、控除されるということです。つまり、年間110万円が基礎控除額だということです。

そのため、1月1日から12月31日までの1年間で、110万以内の贈与を受けた場合、基礎控除額の範囲内のため贈与税を支払う必要がないということです。

贈与税の法的解釈のポイント

上記の説明を見れば、年間110万円を超えなければ大丈夫だと、考えるでしょう。その理解で間違っていないのですが、贈与税の法的解釈について勘違いをしてしまう人がいると思いますので、ご説明します。

まず、贈与税の1年というものを明確にしておきます。一般的な解釈ではなく、法的な解釈によれば、1年というのは、1月1日から12月31日までを、1年間と考えます。贈与税の対象期間というものをイメージする場合、この原点からずらさないように贈与を考えることが大切です。

もらった人、1人という勘違いしやすい言葉

「もらった人1人」という言葉は一見すると、非常に簡単な意味のように見えますが、金銭の贈与において、もらった人1人という言葉を、上手く思考の中で連結できない方が多いのではないでしょうか。

具体的な例を説明すれば、○さんが、50万円をもらったとします。そして次の日、別の人から90万円をもらったとします。

「もらった人1人」というのは、○さんが140万円をもらったと解釈していきます。そのため、○さんには、贈与税がかかるということです。言葉そのものをそのまま理解すると難しいのですが、このような具体例で考えれば、正しい法的解釈の理解ができるでしょう。

家族間でのお金の貸し借りは、贈与税が必要?

まず、借金というのは、贈与ではありません。お金を渡すわけではありませんので、贈与税が必要ないということは容易に想像することができるでしょう。

また、本来であれば、親族間のお金の貸し借りに関しても、贈与税が発生することはないのです。

しかしながら、親などの親族から借金をしてしまった場合、贈与税の対象として該当する場合があるのです。なぜならば、親から借りた分の借金を返済したとしても、無利子によって借り入れた場合、利息相当分の贈与に関する法律に該当するからです。

一般的に賃金業者などを仲介して、サービスを利用すれば、金利によって利息が発生します。しかしながら、家族間で貸し借りを行えば、無利子でお金の貸し借りを行うことが可能でしょう。

つまり、利息相当分の得があったと言えます。その得に対して、贈与税がかかってしまうのです。このときも同様に、上記で説明した年間110万円の基準が、支払い義務の有無を明確に分けてくれます。

親に借りる場合のポイント

まず、親が子供に借りたり、子供が親に借りたりする前に、金融関係の法律に詳しい専門家に、指示を仰いだ方が良いです。

なぜならば、自分の金銭状況からどのような選択をすることが最も賢い行動なのかを明確に教えてくれるからです。親からお金を借りるよりも、債務整理をした方が、賢い選択なのかもしれません。

また、親にお金を借りる場合でも、返済義務と返済能力を必ず果たすことができると確信してから連絡するようにしてください。そうしなければ、どちらともが借金問題で生活できなくなってしまいます。

贈与税のまとめ

贈与税とは、お金を渡す際に発生する税金のことで、生前贈与に関する法律です。1年間に、財産をもらった人1人に対して、110万円までであれば、控除されます。それ超える場合、贈与税の支払い義務が発生します。贈与税の1年というのは、1月1日から12月31日までを表し、これが法的対象範囲となります。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金相談・悩み
-,

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.