借金相談・悩み

なぜ借金を繰り返すのか!もう繰り返さないための6つのポイント

投稿日:2015年11月22日 更新日:

なぜ借金を繰り返すのか!もう繰り返さないための6つのポイント

借金依存症の方は、自分の生活に必要のないものを購入してしまい借金を積み重ねていることが多いです。そのような場合、どうすれば借金という行動をやめられるのでしょうか。今回は、借金依存症の方に、借金という行動をしないための対策方法・借金を繰り返してしまう人の特徴をご紹介いたします。

借金はなぜ繰り返してしまうのか?繰り返す人の特徴と対策方法

借金をしており、誰かが代わりに返済しても、すぐにまた借入をしてしまう。このように借金は繰り返す場合があります。

本人よりもこうなっては周りの人も迷惑極まりなく、精神的にも追いつめられてしまうのです。繰り返しばかりが行われれば援助するものも無くなる。皆さんで借金を背負っているのと同じことになってしまうのです。

借金を繰り返す人はある意味病気といっても過言でなく、その借金を肩代わりすることが根本的な解決にはなりません。

すぐに借金を繰り返すのは「我慢ができない性格」なのかもしれませんし、繰り返す事にその時は、まあいいや、と思ってしまうだけなのでしょう。

周りは、今回でどうにかやめてもらえるかと思いながら助けるのですがそううまくはいかないようです。借金を繰り返す人の特徴としては次のようなものがあります。

  1. ギャンブル癖があり我慢できない
  2. 車や遊び等の浪費が基本的に我慢できない
  3. 見えっぱり

これが共通すると、どうしても資金が欲しくなり、借金してしまうと言うわけなのです。

ご本人は、後悔や反省していないわけではないと思いますが、すぐに忘れてしまうか、興味が別のところに移ってしまうので、あまり効果がありません。

また借金依存症という病気もあります。

これは上記に似ている部分もあるのですが、借金に対する罪悪感があまり感じられず、その時には泣いて謝ることなどもあるのですが、すぐに繰り返してしまう病気です。

自分の経済状態をはっきり把握していないことと、いま残高がどれくらいあるのか、銀行 口座のバランス、月々の支出、ローンなども全く無計画にやっている、という人に多く見られます。

ようするに「借りていることに返すということが付いてこない状態」です。借金を繰り返す人には以前からこんな癖がある人も多いようです。あなたの思い当たるふしはありませんか?

1.購入履歴をつける

借金依存症によって、自宅の物が山積みになったり、必要もないのに購入したりしてしまうのであれば、購入履歴をつけることをお勧めします。

例えば、果物のナシを購入した場合は、購入履歴として記載していきます。上から、一覧で確認できるようにしておくと良いでしょう。

  • ナシ1個100円
  • ブドウ1房300円
  • みかん1個30円

上記のように一覧で記載していけば、過去に自分が何を購入したのかということを、すぐに把握することができます。借金依存症の方は、自分が何を購入したのかということを把握していない可能性が高いため、上記の方法を利用して購入履歴をつけていきましょう。

2.必要以上のお金を持たない

もし、自分が生活する上で、必要以上のお金を持っているならば、貯金するなど、手元に置いておかないようにしましょう。

借金依存症の方は、手元にお金があるからこそ、使ってしまうのです。必要以上のお金を所持していなければ、目の前に物があっても購入することができませんので、借金を防止することができるでしょう。

3.購入する物は事前に決めておく

借金依存症の方は、計画性なく物を購入してしまうからこそ、物が山積みになってしまうのです。そのため、借金ばかり増えてしまい、どうしようもなくなるのです。この問題を、解決するためには、事前に購入すべき物は、何なのか決めておきましょう。

事前に決めた購入物以外は、絶対に、購入してはいけません。購入する物を事前に決めておくことで、必要のないものを購入しなくなるため借金依存症の治療に効果があるでしょう。

4.期間を設けて出費を計算していく

借金依存症の方にとって、購入履歴をつけるというのは、お金を管理する習慣を得る第1歩となります。そして、この習慣に全体的なお金を管理する能力が加われば、借金依存症から脱することができる確率が非常に高くなります。

まずは、購入履歴を1カ月ごとに分けてみましょう。1カ月などの期間で管理することに慣れていなければ、計算が大変なのではと思うかもしれませんが、すべてを合計すれば良いだけですので、想像以上に簡単です。

購入履歴1カ月分を合計することができたら、12カ月間これを行ってみましょう。毎月の計算を繰り返していくことで、1年間でどれだけのお金を使ったのか、すぐに把握が可能です。

無駄遣いすれば、すぐに一覧表に数字として表れるため、借金依存症によって、無駄遣いをしなくなります。

5.毎日、運動して体調を整える

借金依存症の方は、体調不良によって、借金などの行動が出ている可能性がありますので、体調を管理するということが非常に大切です。

借金依存症になることで、家に引きこもりがちになったという人もいるでしょう。自分1人で問題を抱えて、部屋に引きこもっても、症状が改善されるどころか、自分を追いつめてしまい悪化してしまうでしょう。

だからこそ、散歩などの毎日の運動が大切なのです。散歩をするためには、外に出る必要があります。部屋の空気ばかりではなく、外の奇麗な空気を体に入れて、太陽を体で浴びれば、借金依存症の方にとって、大きな気分転換になるでしょう。

毎日、散歩を行うことで、ストレスが解消され、借金依存症の問題行動が出づらくなってきますので、ぜひ、試してみてください。

6.家族の同意を得る

自分で物を購入するべきか、判断できないというのであれば、物を購入する際に、家族に同意を得ると良いでしょう。このような感じで、家族に聞いてみてください。

「これは、自分の生活で必ず必要だと思うのだけれど、どう思う?」

このように、家族に分かりやすく説明すれば、家族も答えやすいです。必要なものであれば、購入許可を出してくれますが、必要でなければ、購入許可を出さないでしょう。購入許可が出なかった場合、その言葉にしっかりと従いましょう。

自分なりに言い訳をして、購入してはいけません。自分以外の意見を参考にすることで、自分の選択が間違いだった場合に、気づきやすいです。無駄遣いしないための有効な方法ですので、試してみてください。

借金を繰り返さない方法のまとめ

友達にお金が今日たまたま足りなかったからと、小銭などを友人・知人から借りて返さない人
いませんでしたか?

要するに「ちょっとだし、別に返さなくてもいいか」ということに自分の頭ではなっている人です。

このような人は、何度でも繰り返してしまうようです。誰かが援助すると、誰かが又助けてくれるし、まあいいや!と思いこんでしまう。

また、ギャンブル依存症の人とも借金を繰り返す人は綿密な関係にあるようです。繰り返さない為のコツは「お金は借りてまで使うものではない。」(住宅ローン等以外)ということ。

ふとしたことに使うお金を自分の手持ちがないのなら、やめておく。我慢することができるようにならなければ、借金の繰り返しグセはなおすことが難しいのです。

「すぐ返せるだろう」という安易な考え。この繰り返しにより、借金人生におちいってしまいます。

また、借金が大きくなりすぎてしまい、どうしても解決できない状態になっているのであれば、弁護士に債務整理を依頼して問題を解決できるように導いてもらいましょう。

司法書士や弁護士に債務整理や自己破産等の依頼をすればたとえ、ヤバいところから借金をしたとしても止まります。専門家が見張っていると、借金を繰り返す可能性も少なくなります。(笑)

弁護士さんや司法書士費用がない場合も、相談で分割や建て替え制度をもっている専門家もいます。早々に相談すべきでしょう!

必要以上に、買い物などをしてしまい借金しない方法は

  1. 購入履歴をつける
  2. 必要以上のお金を持たない
  3. 購入する物は、事前に決定
  4. 期間を設けて、出費を計算
  5. 毎日、運動して体調を整える
  6. 家族の同意を得る

上記で説明したことは、誰でも簡単に行うことができますので、ぜひ、借金依存症の改善にお役立てください。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金相談・悩み

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.