借金相談・悩み

借金依存症に効くおすすめのカウンセリング方法

投稿日:2015年11月22日 更新日:

借金依存症に効くおすすめのカウンセリング方法

以前借金の癖は繰り返すとお伝えしましたが、これが悪化するとほぼ、依存症となります。
これが借金依存症です。依存症の借金の特徴に『繰り返す』という内容が欠かせません。一度なら依存症ではないですが、数回繰り返す場合は注意が必要です。

そして、この繰り返しグセは本人のみならず、みんな自分以外の人を巻き込むこととなります。なぜ繰り返すんでしょうか?

ずばり、「人のお金だと思ってない」ところから、始まっています。依存症の初めの一歩ですね。

初回は、ちょっと気を使って「大丈夫かなー、返せるかな。」的にかわいらしく思うこともあるようなのです。

しかし、すぐに忘れてしまって何度か繰り返すうちに極端にその意識が薄れていきます。まるで自分がドラえもんのポケットのようにガンガンお金を出している気になります。

それから、気をつけたいのはカードです。知らないうちに買い物や他の場所でも「提示するだけ」で済む。手に取ってお金がいまいくらあるのかという計算がない。となると、とめどなく使ってしまいます。

キャッシングなのに、見た目は自分のカードで買い物している感覚になることもいけません。こうなると依存症真っ只中です。自分の金を引き出しているのと同じに思えるのです。

でも人から借りた借金なのですね。こうなってくるとカウンセリングも必要になります。今の自分がどれだけどうなっているかを把握するためのカウンセリングです。

【相談窓口】借金依存症に効果がある信頼のおける相談先

借金依存症の多くの方は、大きくなってしまった借金を1人で抱えようとします。もし、あなたが、大きくなってしまった借金を1人で抱えているのであれば、信頼のおける相談先を探してみてはどうでしょうか?

しかし、相談先を探すと言っても、どこに相談すれば良いか分からないと考えるでしょう。今回は、借金依存症の方が、利用するとよい相談先をご紹介いたします。

精神科で相談する

借金依存症の場合、精神状態が安定されていないと思いますので、まずは、精神状態の改善から行う必要があります。

精神面での相談窓口となると精神科が一般的な相談先となります。正直なことを申し上げれば、精神科を利用しない方からすれば、「自分は、精神科を利用する必要はない。」と考えるでしょう。

ある意味においては、誰しもが精神科に行く必要があるという事実を受け止めたくないと考えるでしょう。1度、行ってみると分かりますが、一般的な病院と変わりません。

普通に、対応してくれます。そのため、まずは、精神科に行き自分の症状について正直に話し、治療するためのアドバイスをもらいましょう。

  1. 借金依存症である事実を受け止める
  2. 精神科を探す
  3. 精神科に行く
  4. 借金依存症であることを、正直に告げる
  5. 精神科の先生に治療改善のアドバイスをもらう
  6. アドバイスをもとにして、自ら治療改善する努力を行う
  7. 借金依存症が、改善に向かう

上記のような流れで、借金依存症が改善されますので、精神状態を安定させるためにも、精神科に相談することから始めましょう。

法律事務所の弁護士に相談する

借金依存症の方の相談先として精神科は、イメージしやすいでしょう。しかしながら、借金依存症の方の相談先は、精神科だけではありません。法律事務所の弁護士も借金依存症に対処するための相談相手になってくれます。

法律事務所の弁護士は、無料相談を実施していますので、あなたが思う以上に気軽に相談することができます。しかし、法律事務所の弁護士が無料相談を実施している理由は、債務整理の仕事の依頼を受けるためです。借金依存症の方の現状の問題を詳しく聞き、解決策として債務整理方法を提示してくれます。無料相談で解決!債務整理は樋口総合法律事務所へ

そのため、法律事務所の弁護士は、大きくなって自分で解決できなくなった借金がある場合に、相談すると良いでしょう。

借金問題を解決するために、法律を有効に利用した解決策を提示してくれます。参考になるアドバイスがあれば、耳を傾けましょう。

また、借金問題を解決するために、法律上必要な手続きなどのアドバイスも行ってくるため、無料相談を有効に利用していきましょう。法律事務所の弁護士に相談することは、下記に記載する通りです。

  • 一般的な借金問題の解決の仕方を相談
  • 法律上の手続きで、検索しても分からないことを相談
  • 返済金額の整理方法について相談
  • 実際に支払うべき金額の計算方法の相談
  • どの債務整理方法を選ぶべきか相談

上記の説明を見れば分かるように、精神科と法律事務所では、相談内容は全く異なります。自分がどのような状態を解決したいのかによって、相談先を変えていきましょう。

公的窓口を利用して相談を依頼する

自分が実際に、精神科に行くべきか判断できないというのであれば、まずは公的窓口を利用してみてはどうでしょうか。

例えば、保健所や保健センターなどでは、心の専門医の意見を聞くことができます。今回、借金依存症に関して説明しているため、「借金依存症に関することしか、相談できないのですか?」という質問をされる方もいるでしょう。保健所や保健センターなどでは、世の中で起きる様々な心の問題を解決してくれます。

例えば、人間関係で非常に相談したいことがある場合は、相談にのってくれます。学校でいじめにあってしまった場合も同様に相談にのってくれます。

親が子供の引きこもりに困っている場合は、親も相談することができます。このように、多種多様な問題の相談にのってくれるため、気軽に利用してください。

家族だけで抱えず他者の力を有効に利用する

借金依存症の方は、借金の相談相手として家族を選ばれる方がいます。しかし、家族は借金をするという行動に理解がありませんので、家族関係が悪化してしまうのです。その結果、相談した本人もストレスになってしまい、借金依存症からなかなか脱することができません。

もし、借金依存症の方が家族に相談するのであれば、すべてを家族間で解決することを考えないでください。借金依存症というのは、病的状態であり、簡単に解決できる問題ではありません。

正常な思考が欠如している以上、本当に気持ちを入れなおさなければ、解決できません。だからこそ、家族以外にも公的窓口や精神科や弁護士などの様々な協力が得られるという事実を知っておいてください。

借金依存症の相談窓口のまとめ

カードは当然使うと残高不足となります。それを補うための別のキャッシュカードも作ります。そしてまた、自分の金を引き出すように、借りた金を引き出すという悪循環です。

これが依存症たるゆえん「罪の意識が薄い」方法を使ったキャッシング魔術です。

最近では、闇金にまで、手を出す一般人が増えてますが、ホントに、依存症はカウンセリングで発覚することも多いのです。

闇金だけはやめておきましょう。

人間、誰でも生活レベルを落とすのは難しいもの。しかし今の自分の状態を「理解」するためにカウンセリングがいります。借金すれば収入がなくても、それ以上の生活が送れるようになります。

しかしいったんそれがエスカレートするとどうにもなりません。カウンセラーさんはきっと「普通の生活に戻す」為のアドバイスとして、いったん入っただけのお金で生活をしてみることを進められることも多いと思います。

本人の見栄やプライドを、崩し、あなたの本当の生活はこうでなくてはだめなんですよ、と教えてもらえるわけです。借金をしてでも見栄を張り続け、ギャンブルなどの娯楽に行く。しかしこれは幻です。

本来ないもの、手持ちのお金以外でやっているまぼろしなのです。それをわかってもらうためのカウンセリングは心理士だけでなく司法書士や弁護士事務所でも行えます。

無料カウンセリングをするだけでも自分の立ち位置が変わります。その後も専門の先生が引き続きみてくれるなら借金を減らす、解消するためのカウンセリングは借金依存症以外の人でももちろん必要です。専門家の無料相談を利用しない手はないですよね。

借金依存症になってしまった場合、相談先として利用できるところは、下記に記載する通りです。

  1. 精神科
  2. 法律事務所の弁護士
  3. 公的窓口
  4. 家族(相談相手が、専門家ではない以上、すべての意見が受け入れられるわけではないということを理解する)

借金依存症になってしまったとしても、あなたが気持ちを改めて頑張る気持ちがあるならば、家族や周囲の人が必ず評価してくれます。まずは、精神科に行き精神を安定させ、弁護士に借金問題について相談しましょう。

当サイトで一番相談されている法律事務所

家族に内緒の借金もバレずに整理ができるサルート法律事務所
弁護士法人RESTA法律事務所
サンク総合法律事務所

-借金相談・悩み

Copyright© 債務整理・借金相談の法律事務所選びなら【債務ナビ】 , 2017 All Rights Reserved.